貴重な森を、未来の子どもたちのために



貴重な森を、未来の子どもたちのために

木登りに挑戦=昨年

木登りに挑戦=昨年

緑を大切に思う人の輪を広げる「第5回オープンフォレストin松戸」〝森の公開 子どもも大人も楽しもう〟が、市内17カ所の民有林で開催される。参加費無料(個別に行う一部のツアーでは有料)。5月14日~23日の期間中、森では、自然観察、ハンモックやロープで木登り、竹馬などができる。

2011年に初めて行われる予定だったオープンフォレストは、東日本大震災の犠牲者を悼み、被災者の心に寄り添う為、開催を翌年に延期。2016年、震災から5年目を迎え、震災の経過年数と同イベントの開催回数を重ねる。  2002年ごろから、松戸市市民団体が主体となり、山林所有者の会、行政、中間支援組織等との協働のもと、樹林地保全活動の担い手づくりと活動団体のネットワーク化を進めてきた。その成果、15の保全活動団体、17カ所の活動フィールドを数えるまでになった。  この活動の場を公開し、活動をより多くの人に伝え、身近な緑の大切さに目を向け、減少し続ける都市樹林の保全を参加者と一緒に考える機会として、今年も開かれる。

オープンフォレスト 森への案内とツアー

■森へのご案内 5月14日 新京成線八柱駅10時30分集合→しんやまの森へ。(無料)
■森へのご案内 5月15日 常盤平駅10時集合→祖光院、金ケ作自然公園を経て三吉の森へ。(無料)
■森めぐりツアー 5月15日 東松戸駅9時30分集合→河原塚古墳の森→紙敷石みやの森→紙敷みなみの森→わんぱくの森14時頃。(大人300円)
■関さんの森自然観察会 5月17日 新松戸駅10時集合→幸谷観音→関さんの森→溜ノ上の森12時30分解散予定。(大人300円)
■森へのご案内 5月21日 新京成線八柱駅10時30分集合→しんやまの森へ。(無料)
■森めぐりツアー 5月21日 東松戸駅10時集合→小浜屋敷の森→大野の森12時解散予定。(大人300円)
■再発見ツアー 5月22日 常盤平駅9時30分集合→囲いやまの森→ホダシの森→八ヶ崎の森→21世紀の森と広場12時30分解散予定。(大人300円) ※イベント共通・申し込み不要。雨天中止。帽子・飲み物持参。天気良ければ、お弁当持参がお勧め。そのほか、各森の公開日とできることは表を参考。  問☎090・1209・2254(事務局)

※各森によっては公開日と参加できる内容が異なるので、下の表を参考に。

web3

 


                                                  

2016年04月27日 貴重な森を、未来の子どもたちのために はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 松戸

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。