高度浄水処理で美味しくなった水道水「北千葉浄水場」



高度浄水処理で美味しくなった水道水「北千葉浄水場」

web 流山市にある北千葉浄水場では江戸川から取水した水を浄水し、千葉県水道局の他、千葉県水道局の他、松戸、野田、柏、流山、我孫子、習志野、八千代の7市に水道水として供給している。この水道水が近年、美味しくなった。
都市化の影響などにより江戸川の水質はあまり改善されていないのが現状。そこで、安心して飲める良質な水を供給出来るよう、北千葉浄水場では平成26年12月から「高度浄水処理」を導入した。

高度浄水処理とは「オゾンの力でにおいの素などを分解した後、活性炭でしっかり取り除く最新の浄水処理方法」この技術により、カビ臭の原因となる物質を確実に除去する事が出来る、カルキ臭を抑える事が出来る、トリハロメタンなどを従来よりも更に低減する事が出来るなど、安全性と美味しさが向上する結果となった。

居住地域による違いはさておき、人は水について様々な選択をしている。調理、飲料に水道水をそのまま使う人、家庭用浄水器を付けて水道水を使う人、水道水は使わずスーパーなどでペットボトル水を購入する人などなど。

水道水は水道法で51項目の検査が義務づけられている。ペットボトル水には食品衛生法により39項目の検査が定められているなど、比べてみても水道水が厳しい基準で管理されている事がわかる。北千葉浄水場ではその他にも100項目以上の検査を行っている。

高度浄水処理施設建設工事のため一時中断していた施設見学は今月から受け入れが再開された。個人での申し込みは受け付けておらず小学校や自治会等10名以上の団体が対象となるのだが、最近技術を取り入れた、この施設を訪れた人は水道水への認識を新たにする事だろう。

各地の市民まつりなどに出展した際の利き水コーナーでは美味しくなった水道水への評価の声が数多く聞かれたという。 6月5日に行われる流山市の「セントラルパークフェスタ2016」にも流山市上下水道局と一緒に出展する事が決まっている。水道水についての疑問や不安、水道水を更に美味しく飲む方法などを気軽に尋ねてみてはどうだろうか。

6月1日~7日は水道週間。今一度、大切な水について考えてみたい。

 


                                                  

2016年05月25日 高度浄水処理で美味しくなった水道水「北千葉浄水場」 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 我孫子 東葛ニュース 松戸 流山 野田

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。