梨の美味しい季節  むつみ石井梨園



梨の美味しい季節  むつみ石井梨園

松戸と言えば二十世紀梨発祥の地。多くの梨園があり、梨のもぎ採りや直販の観光農園も多い。

松戸市の梨狩りは、夏のお盆辺りから美味しい梨が取れ始め、10月の半ば辺りまで楽しめる。

梨園の一つ、東武アーバンパークライン六実駅から徒歩12分の場所に、昭和16年から続く『むつみ石井梨園』がある。8月上旬、食感の良い「幸水」下旬の「豊水」9月上旬頃から気品ある香りの「かおり」や、ジューシーな「秋月」9月から10月にかけて大玉な「新高」などが楽しめる。長い期間みずみずしい梨が食べられるとあって、他県から来られるお客さんも多く人気となっている。

生育中の梨の前で石井義人さん

生育中の梨の前で石井義人さん

むつみ石井梨園4代目の石井義人さん(54)は「皮肌の近い方が最も甘いので、皮を薄めに剥いて食べるのがおすすめです。」と梨を輪切りにして、皮を剥き食べる方法を勧めてくれた。そうすると芯の近くまで美味しく無駄なく食べられるそうだ(図1)。

また、梨もぎの際は、美味しい梨の見分け方も教えてくれるので安心してお孫さんを連れて、友人を誘って行ってみてはいかがだろう。車イス利用可能なのも、むつみ石井梨園の特徴の一つ。バリアフリーのトイレは有難いサービスだ。

web1

むつみ石井梨園の営業は8月3日から。※生育状態にも関係するので、お出かけの際は必ず問い合わせをするか、ホームページで最新情報を確認してほしい。

むつみ石井梨園
問い合わせ・予約☎047・387・5609(松戸市六実3‐32‐3、駐車場有り)


                                                  

2016年07月27日 梨の美味しい季節  むつみ石井梨園 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 松戸

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。