10周年記念 四季の山野草写真展 野草フォトクラブなずな



10周年記念 四季の山野草写真展 野草フォトクラブなずな

樹木に根を張り付かせて自生するセッコク

樹木に根を張り付かせて自生するセッコク

10月12日から 流山市生涯学習センター

発足10周年を記念して「NPO野草フォトクラブなずな」が12日から、流山市生涯学習センターで「第20回四季の山野草写真展」を開催する。
今回は「絶滅危惧植物」「水辺に咲く花」「東葛地区に自生する野草」「花のある風景」など、7つのコーナーを設けて、長年撮りためた中から155点の作品を展示する。

「作品には花の名前の由来や特徴などをタグにして紹介しています。野草の持つ美しさや不思議さ、健気な生命力などを感じていただけたら」と代表の古室邦子さん(69)。

同クラブは、これまでにもそごう柏店ギャラリーや森の図書館などで年2、3回の定期写真展を開催。その他にも、お年寄りや市民に楽しんでもらうことを目的に特養ホームはまなす苑や市役所出張所などの公共施設でも展示してきた。

「写真展の来場者は毎回300人から400人。写真を見て、癒されたとか、散歩中に何気なく見ている草花をじっくり見るようになったなどの声を聞きます」と、黒田準介さん(72)。会員は流山市や松戸市など東葛地区在住の60歳代から70歳代の男女17人。ハイキングを兼ねて月1、2回の撮影会と、撮影成果の勉強会や交流会を開いて研鑽を積んでいる。

『野草フォトクラブなずな』のみなさん

『野草フォトクラブなずな』のみなさん

▼会場:流山市生涯学習センター1階、第一ギャラリー。つくばエクスプレス「流山セントラルパーク駅」東口から徒歩4分。
▼会期:10月12日~18日9時~17時。12日は13時から、最終日の18日は16時まで。
▽問い合わせ:「NPO野草フォトクラブなずな」
http://www.na-shimin.org/w2/nazuna.html


                                                  

2016年09月28日 10周年記念 四季の山野草写真展 野草フォトクラブなずな はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 流山

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。