ジャパンバードフェステイバル2016 人と鳥の共生をめざして



ジャパンバードフェステイバル2016 人と鳥の共生をめざして

写真=我孫子市提供

写真=我孫子市提供

鳥って凄いと思われませんか。

彼らには冷暖房完備の家もなければ、季節ごとの衣服もなく、また毎日の食料を万一のために備蓄することもないのです。もちろん貯金も年金も保険もありません。それでも人間よりたくましく生きています。どうしてそのようにできるのでしょうか。それはこの手賀沼を囲む自然環境が豊かだからです。その翼に新鮮な気流を抱ける紺碧の青い空、眼下に見下ろす緑の豊かな大地、そして何よりも豊富な生命を宿す手賀沼という湖。それらこそが多くの鳥たちをとって、まさに衣・食・住の根源なのです。その必要性、そして大切さは人間にとっても欠かせない自然条件です。まさに「共生」の意味はそこにあると思わずにはいられません。

自然を大切にすることは、鳥類と人とが共存することの大切さを意味しています。
高く澄んだ青空の下、秋のさわやかな季節を、鳥たちと共に「バードフェステイバル」で楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。

▽開催日時
11月5日9時30分~16時
11月6日9時30分~15時
▽開催場所
1、手賀沼親水広場
2、鳥博広場
3、鳥の博物館(期間中入場無料)
4、山階鳥類研究所
5、アビスタ
6、けやきプラザ9F
※1~4は、ほぼ同じ場所に位置し、徒歩(手賀沼の明媚な風光を楽しむウオーキング)で約25分。
JR我孫子駅より徒歩1分(6)、同駅より徒歩10分(5)、但し、開催日は駅より開催場所までの巡回バスを運行。また水上シャトルバス(船)、またはレンタサイクルなどが有料で利用できます。
主催▽ジャパンバードフェステイバル実行委員会
事務局▽我孫子市役所・手賀沼課 電話04・7185・1484


                                                  

2016年10月26日 ジャパンバードフェステイバル2016 人と鳥の共生をめざして はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 我孫子 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。