地域での生活支援 「第11回千葉県福祉機器展2016」



地域での生活支援 「第11回千葉県福祉機器展2016」

web今年も、けやきプラザでは、福祉機器展が開催される。

主に高齢者に対する介護の問題が声高に取り上げられてより久しいが、その重要性に対する認識は日ごとに高まり、介護に対する具体的な方法や機器が進展を見せている。

もし、あなたが「被介護者」になったら、どのような介護を望むだろうか。専門の介護施設を望む人もいるだろうが、多くの場合は、長年住み慣れた自宅や地域で、気を使わずにすむ家族からの介護を望むのではないだろうか。

介護する側もまた介護される側も、共に可能な限り自宅で「自分らしく過ごす」理想の介護を目ざして開催されるのが今回の福祉機器展。

今回の興味深い出展機器は、歩行アシスト、食事介護機器、尿吸引機器などの各種ロボット、まさにそれらが体験できる。

昨年(2015年)の国勢調査では、高齢者が4人に一人を超え過去最高となる「老人大国」のこの日本、決して人ごとではない現実の必要性を、この機器展は教えてくれる。ぜひこの機会に参加し体験されてはいかがだろう。

開催日▽11月11日・12日(11日12時~17時・12日10時~16時)
会場▽千葉県福祉ふれあいプラザ(我孫子市・けやきプラザ・JR常磐線我孫子駅徒歩1分)
開催内容
11日▽☆福祉機器展と関連セミナー(介護・福祉関係者・一般の方対象)
★福祉機器展★セミナー「超高齢化社会の医療介護政策」辻 哲夫 講師(元厚生労働省次官・東京大学高齢社会総合研究機構・特任教授)★ミニセミナー・体験(ロボット等新技術・機器の紹介・介護技術等、展示機器についてのセミナー)
12日▽☆親子で福祉機器展(広く一般県民を対象)
★福祉機器展★体験・イベント(地域の皆で考えるこれからの福祉) ○電動車いすによる交通安全教室 ○車椅子体験・福祉用具体験・高齢者疑似体験・認知症疑似体験 ○認知症アニメ・おもちゃ作り体験・スタンプラリー、等 ○介護予防イベント:ピンピンキラリ初歩麻雀等(予定)。入場無料。
問い合わせ☎04・7165・2886同プラザ・
介護実習センター/メール echizennya@furepla.jp


                                                  

2016年10月26日 地域での生活支援 「第11回千葉県福祉機器展2016」 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 我孫子 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。