「介護だんし」写真スライドショーを公開



「介護だんし」写真スライドショーを公開

松戸市と松戸市特別養護老人ホーム連絡協議会が連携し、介護職の3K(きつい、きたない、危険)のイメージを新しsub2く4K(感動、健康、工夫、感謝)へのイメージアップをはかる取り組みの一環として『介護だんし』写真展が11月8日~11日(松戸駅市民ギャラリー)、16日~18日(松戸市役所1階連絡通路)で開催された。11月末には同写真展の写真をスライドショーにまとめ、松戸市の公式You Tubeチャンネル「動画サイトまっちゃんねる」で公開する。また、来年2月14日、松戸市民会館で開催予定の合同就職相談会でも放映する。


写真展では松戸市内の21の介護施設(特別養護老人ホーム)から各2名ずつ、2枚から3枚の写真で懸命に働く男性職員『介護だんし』の姿を展示。写真には職員の生の声も添えられ、写真からは〝やりがい〟の笑顔が溢れている。
厚生労働省の資料によると、今後予想される日本の介護職の人材は、2025年には大幅に不足するとされる中、介護職に就き、やりがいを見出し働く職員の姿をぜひ「動画サイトまっちゃんねる」でチェックしてみてほしい。


                                                  

2016年11月30日 「介護だんし」写真スライドショーを公開 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 松戸

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。