クレーベルとの別れ



クレーベルとの別れ

web 先月末、南米から突然の悲しいニュースが伝わってきました。2005年にレイソルに在籍していたクレーベル選手が、コロンビアで発生した航空機事故に巻き込まれ、35歳の若さで逝去されました。
クレーベル選手は攻撃的なMFとして、レイソルをけん引。リーグ戦29試合で8得点を挙げるなど、大車輪の活躍でした。在籍はその1シーズンだけでしたが、今回の訃報に際し、当時チームメイトだった大谷秀和選手は「本当に本当に残念でなりません」と悔やみ、またSNS上にはレイソルサポーターから哀悼の言葉が寄せられ、多くの仲間から今なお愛されていたことがうかがえます。

35歳になった今年は、ブラジルのシャペコエンセというクラブで主将を務め、今回南米有数の大会の決勝戦へ向かう途中での悲劇でした。クレーベル選手をはじめ、Jリーグクラブに所属した選手や監督も含まれており、日本のサッカーファンは深い悲しみに暮れています。亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

(柏レイソル広報)


                                                  

2016年12月21日 クレーベルとの別れ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: がんばれ!柏レイソル その他の地域 東葛ニュース 柏レイソル

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。