「寄り道」を思い描く  高校演劇フェスティバル



「寄り道」を思い描く  高校演劇フェスティバル

昨年の上演の様子

昨年の上演の様子

東葛地区17の高校の演劇を学ぶ高校生による『ながれやま高校演劇フェスティバル「20分シアターin流山vol8」』が、平成29年1月8日に開催される。
毎年一つのテーマを設けて行われるフェスティバル。今回のテーマは「寄り道」。一つのテーマから各校の生徒がオリジナルのシナリオを書き、20分間のショートストーリーを展開。照明、音響、舞台操作にいたるまで、すべて高校生が創り上げる。
「寄り道」という言葉から高校生は何を連想するのか…。涙あり、笑いあり、胸キュンありの若さいっぱい、心温まる演劇をこの機会にご覧になってみてはいかがだろう。
●参加予定校
流山高校・流山おおたかの森高校・流山南高校・東葛飾高校・県立柏高校・柏中央高校・柏の葉高校・流通経済大学付属柏高校・野田中央高校・松戸馬橋高校・松戸国際高校・専修大学松戸付属中学・専修大学付属松戸高校・柏日体高校・船橋芝山高校・津田沼高校・白井高校の17校。
日時▽平成29年1月8日10時~17時(9時30分開場)
会場▽流山市文化会館・ホール(流山市加1‐16‐2)つくばエクスプレス「流山セントラルパーク駅」徒歩20分。流鉄流山線「流山駅」徒歩8分。
入場無料・申込み不要。
問い合わせ☎04・7158・3462(同文化会館)


                                                  

2016年12月21日 「寄り道」を思い描く  高校演劇フェスティバル はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 我孫子 東葛ニュース 松戸 流山 野田

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。