手賀沼大橋から初日の出を拝む 夢幻で幽玄な竹宵



手賀沼大橋から初日の出を拝む 夢幻で幽玄な竹宵

web 皆さんは、お正月と年末年始をどのように過ごしますか。クリスマス、初詣、また帰省や旅行になどと、思いをはせておられるに違いありません。まだ予定がないという方に耳寄りなお話。
我孫子では年末から年始にかけて、手賀沼のほとりで、毎年恒例となった「竹宵」が行われます。
竹宵とは、門松のように切り取った竹筒の中で光を点灯させるもの。それが何十という数の多さで一斉に点灯されるのです。夕闇が過ぎて暗くなった頃、辺りは無数のほのかな灯りに照らし出されて、夢幻で幽玄な雰囲気をかもし出し、過ぎ去ろうとしている年への名残を込め、また年始には、新年の希望に思いを馳せる励ましの光を灯すのです。ぜひ、観賞してみてください。
また、元日に手賀沼の橋の上から、初日の出を拝む行事が開催されます。手賀沼の向こうの大空と大地を分ける遥か東の彼方から、2017年最初の太陽が昇って来ます。何という神々しさ、何という雄大さ、そして何という清々しさ。思わず手を合わさずにはいられなくなることでしょう。そこにあなたは、どんな願いをするのでしょう。
年末年始のこうした身近な行事が、我孫子の竹や自然と、人々を愛する「我孫子ライオンズクラブ」またNPO法人「住み良いまちづくり研究所」の有志の心意気によって開催されます。そして他にも、子どもさんたちが喜ぶ行事が盛りだくさん。ぜひご家族そろって参加してください。
「竹宵・ライトアップ」
12月23日~1月8日
午後5時~翌朝6時
点灯式23日・午後4時20分(吹奏楽演奏・市長挨拶と点灯)手賀沼大橋・ゲートスポット(水の館となり広場)
「日の出参拝とイベント」
1月1日 初日の出の時間(犬吠埼で6時48分)
手賀大橋・ゲートスポット 参拝は橋の上から。
同時開催行事▽午前6時から和太鼓競演・7時から獅子舞・餅つき大会・お汁粉のふるまい・大書の書初め等。
主催▽我孫子ライオンズクラブ
共催▽NPO住み良いまちづくり研究所
後援▽我孫子市


                                                  

2016年12月21日 手賀沼大橋から初日の出を拝む 夢幻で幽玄な竹宵 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 我孫子 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。