音楽を生涯教育として 柏ウインドシンフォニーの活躍



音楽を生涯教育として 柏ウインドシンフォニーの活躍

web「吹奏楽の街・柏」と言われるほど、柏は小・中・高校ともに全国レベルで吹奏楽の活躍が目覚ましい。そんな柏の中で、柏ウインドシンフォニーは、今から21年前大津川中学校のOBバンドからスタートし、今では千葉県吹奏楽コンクールで金賞や理事長賞に輝くまでに成長した実力派の市民楽団だ。主な活動は、柏市文化祭への出演や定期演奏会、老人ホームへの訪問演奏など地域に根差している。
「学生時代に吹奏楽をやっていた人が、大人になったら柏ウインドへ!という存在になれればうれしいです。音楽を生涯教育として、音楽を通じて人間力を高めていきたいです」と団長の新垣さんは語る。
2012年から指揮・指導に榛葉光治氏を迎え、その熱心な指導で実力もめきめきと上がった。練習は、毎週日曜日に必ず行う。その日頃の練習で培った成果が1月29日に行われるニューイヤーコンサートで披露される。
今年はバッハの名曲「トッカータとフーガ ニ短調」や、ポピュラーからクラシックまで幅広く名曲を残しているアメリカの作曲家ガーシュウィンのジャズ曲「アイ・ガット・リズム」が聴きどころ。
また、日本の唱歌の「ふるさと」「赤とんぼ」や坂本九「上を向いて歩こう」などの作品や、最後は「愛燦燦」や「川の流れのように」など美空ひばりメドレーで締めくくる。聴きごたえある内容で楽しめること請け合いだ。
■「柏ウインドシンフォニー ニューイヤーコンサート2017」
日時▽1月29日
開場▽13時30分(開演14時)
会場▽柏市沼南近隣センター大ホール(ひまわりプラザ)柏市大島田440‐1
☎04・7192・1111
料金:入場無料 全席自由(先着500席)
■問い合わせ
http://www.kws1020.com
メール
info.kws@1020@gmail.com

◇榛葉光治氏
東京音楽大学・作曲(指揮専攻)卒業


                                                  

2017年01月25日 音楽を生涯教育として 柏ウインドシンフォニーの活躍 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。