節分



節分

2_3「節分」とは、読んで字のごとく季節を分ける意味であり、正しくは、立春・立夏・立秋・立冬の四回ある。
立春の前日だけを「節分」と言うようになったのは、旧暦で、立春の日が正月とすると、前夜である「節分」の日が大寒後の春を迎える初めての夜ということになり、年越しの夜として認識され祝われるようになった。
古来の日本では、年の初めに神が来て祝福を与えてくれるという考えがあり、さらに中国より伝わった新春に穀物に宿る力で災いを取り払う儀式や陰陽思想の鬼を祓うためには金気のものが良いとされ、炒った豆は固く金気に属するとされていたため、豆をまき、鬼を祓い、福を招き入れるとゆう風習になっていったとされる。
地方によっては、ヒイラギにイワシの頭をつけて玄関にかざして厄除けをしたり、歳の数だけ豆を食べたりする。
「恵方巻き」と呼ばれる関西地方の節分の伝統行事も、現在、関東でも定番となりつつあり、巻きずしは「福を巻き込む」ことから来ており、切らずに食べるのは「縁を切らない」とゆう理由がある。具材は七福神にちなんで七種類、恵方(2017年は北北西やや右)を向いて、願い事を思い浮かべながら、一気に食べ切ると良いとされる。
各地で行われる節分祭。地元に伝わる節分の儀式を再確認し、新しい年へ向けての厄払いをしてみてはいかがでしょう。


                                                  

2017年01月25日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。