癒やしの音色を奏でる パルナス フルートアンサンブル



癒やしの音色を奏でる パルナス フルートアンサンブル

web 柏市アミュゼ柏で2月11日、今年、結成19年のパルナス フルートアンサンブルの定期演奏会が開かれ、ホールに響いたフルートの癒やしの音色に魅せられた。この演奏会はより多くの人に楽しんでもらいたいという意向のもと無料で開催され今回で10回目。

パルナスの意味は、ギリシャ神話のミューズが住む山の名称だ。現在のメンバーは12人で20代~70代と年齢層は幅広く、主婦、定年退職者、学校の先生など職業もさまざま。練習は、月一回流山東部公民館で行っており、遠方かわざわざ通ってくるメンバーもいる。

指導をしているのは、各地でコンサート活動の他、TV、レコーディング、コンクールの審査員など多彩な活動をしているフルート奏者の崎谷直氏と奥様の美智恵夫妻。ご夫婦は武蔵野音楽大学卒業、二人とも宇都宮短期大学教授、同付属高校の講師でもある。また、Duo Sakitaniとしてもコンサート活動を行っている。パルナス フルートアンサンブルでは、表面的ではなく中身の濃い音楽を目指しているが、メンバーは初心者にも参加しやすくハードルを下げている。

40歳でフルートを始めた四街道市の八巻誉四郎さん(76歳)は、「フルートを始めたきっかけはきれいな音色に惹かれたんです。フルートは呼吸器にもよくて持病の喘息も落ち着いています」と元気に話してくれた。
楽器を演奏し、音楽と親しむことが心身共に健康にも役立っているようだ。

■パルナスフルートアンサンブル メンバー募集中。
問☎090・9845・2775(崎谷)
■Duo Sakitaniフルートコンサート
6月11日14時~宇都宮市須賀友正記念ホール
8月27日14時~野田市 欅のホール


                                                  

2017年02月22日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 野田

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。