空アパートを科学館に DIY改修で再生



空アパートを科学館に DIY改修で再生

web 柏駅西口から徒歩5分、末広町にある空アパートが今、科学館に生まれ変わろうとしている。手掛けているのは柏の葉サイエンスエデュケーションラボ(KSEL)。東京大学柏キャンパスの大学院生を中心に起ち上げた非営利の市民団体で、2010年の創設以来「科学」に触れる機会を地域に提供し続けて来た。

理科の修学旅行という旅行型の自然体験をはじめ、天体観望会、セミの羽化観察会等、開催するイベントには大人から子供まで幅広い年代の住民が参加。科学を介した地域交流の活性化を目指し、地元に根差した活動を展開している。

そんなKSELが昨年夏から取り組んでいるのが、科学を通して人と人が繋がれる空間作り。科学を楽しめる場所として気軽に立ち寄れる施設を自分達の手で作り上げようというもの。作りたいのは心地良い「だんらん」の科学館。

代表の羽村さんいわく「半ば見切り発車」でスタートした改修作業。DIYについては全員が経験の無い素人。いざ始めてみると、予定外に高額だった廃棄物の処分代や人手の足りなさ等々、幾つもの難題が立ちはだかった。

剝がした畳や取り外した流し台をなるべく小さく切断して処理場に持ち込む等、乏しい資金を圧迫する出費を、少しでも抑える方法を模索しながらの奮闘の日々。ようやく完成後の姿が想像出来るまでになった今の状態に至るまでには、資金援助や作業協力等、多くの人の支援があったという。
昨今、地域社会を悩ます空き家問題。その解決の一手ともなるこのプロジェクトは本年初夏の完成をめざしている。

※改修作の進捗状況はフェイスブックに掲載。

■KSELでは改修作業に協力頂ける方を募集「簡単な作業も沢山ありますので是非覗いて見てください」

柏の葉サイエンスエデュケーションラボホームページ
http://udcx.k.u‐tokyo.ac.jp/KSEL/
フェイスブック
https://www.facebook.com/KSEL.Kashiwanoha/

▼柏市末広9‐2
問い合わせ☎080・6520・3302(羽村)


                                                  

2017年04月26日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。