介護保険の利用の仕方



介護保険の利用の仕方

介護保険の手続きと
  利用の流れについて

実際、家族に介護が必要になった場合どうすればよいでしょう。
①要介護の申請
介護サービスを利用する方は、お住まい(住民票のある)の市区町村の介護窓口または地域包括支援センターなどに保険者本人か家族が申請します。(指定代行機関に所属のケアマネージャーによる代行申請も可能です)
②訪問調査(一時判定)
役所より認定調査員がご自宅などを訪問し心身の状況の調査を行います。訪問調査の結果は、全国一律のコンピューターソフトで処理されます。(訪問日程は事前に日程を確認することが出来ます)
③主治医意見書
保険者(市区町村)が本人の主治医に、心身の状態についての意見書を作成してもらいます。(主治医がいない場合は、役所の指定医の診断を受けることが出来ます)
④介護認定審査会(二次判定)
訪問調査の結果や主治医意見書をもとに、介護認定調査会で介護の必要性、程度について審査を行います。
⑤要介護・支援の認定
介護認定審査会の結果に基づいて、「自立(非該当)」「要支援1~2」「要介護1~5」までの区分に分けて認定し、結果が各被保険者のもとに通知されます。(結果に不服がある場合は、都道府県の介護保険審査会に申し立てが出来ます)
⑥介護サービス計画作成(ケアプラン作成)
認定結果をもとに、心身の状況に応じて介護支援専門員(ケアマネジャー)と話し合い、各種サービスを組み合わせた介護サービス計画を作成します。
⑦介護サービス開始
介護サービス計画に基づいて、サービス業者と利用手続きを行い、介護サービスを利用します。
⑧更新申請手続き
要介護・支援認定は、有効期限満了前に更新手続きが必要です。手続きは認定の有効期間満了の60日前からです。(認定の有効期間は3ヵ月~12ヵ月の範囲内で定められ、被保険者証に記載されています)


                                                  

2017年06月28日 介護保険の利用の仕方 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。