「名手、来たる。」



「名手、来たる。」

web 柏レイソルはKリーグ・全北現代モータースからMFキム・ボギョン選手の移籍加入を発表。キム選手は韓国代表の左利きの攻撃的MF。卓越した技術と鍛えられた肉体、アジアのサッカー選手として屈指の国際経験を持つ「名手」として知られる。

キム選手は、「大きな決断だったが、レイソルは熱烈に自分のことを必要としてくれた。ゴールやアシスト、得点に絡むプレーでチームに貢献したい」と所信表明。真新しい15番のユニフォーム姿を披露した。

韓国代表としてのキャリアだけではなく、イングランド・プレミアリーグでのプレー経験があり、また全北現代の選手としてもJリーグのチームとも対戦している。さらにプロのキャリアの始まりは2010年のセレッソ大阪であり、その後大分トリニータ、松本山雅FCでもプレーした経験がある。それぞれ戦術的趣向の異なるJリーグクラブに適応してきた実績も追い風となるだろう。

キム選手も「小さな時から中盤からパスでゴールをアシストするプレーやパスを繋いで相手を崩していくサッカーが好きでした。そのスタイルはレイソルでも続けていきたい」と話すなど、パスワークを武器の1つとするレイソルの即戦力として期待できそうだ。

「監督の意向やレイソルのサッカーを理解することが大切。中盤やサイドでプレーすると思うが、自分はどのクラブでもチームメイトたちと切磋琢磨して自分を磨いてきた自負がある。レイソルでもその姿勢は変わらない」(キム)。

キム選手の加入を受けて、中盤とサイドを兼務してチームを牽引してきたMF武富孝介選手は「刺激をもらいましたし、ぜひとも良い競争をして、レイソルのチーム力を上げていけたら」と歓迎した。

キム選手の「解禁」は早くて今月末となる。下平隆宏監督も「チームの中に入れてみて、彼に合ったポジションを見つけていきたいですね」と期待を寄せる「名手」は、「大分時代に日立台へ来て、あまりの声援の大きさにビックリさせられた記憶が残っています」という。その声援に後押しされ躍動する姿が見られるのはもうすぐだ。

(写真・文=神宮克典)


                                                  

2017年07月26日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: がんばれ!柏レイソル その他の地域 東葛ニュース 柏レイソル

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。