スケアード・ストレイト



スケアード・ストレイト

見通しの悪い交差点における自転車に乗った人と自動車の衝突(昨年度)

見通しの悪い交差点における自転車に乗った人と自動車の衝突(昨年度)

見て体験するスケアード・ストレイトとは、直訳すると「恐怖の直視」という意味で、元々アメリカで少年犯罪抑止の目的ではじめられた活動のことである。
近年の日本では、交通安全教室でスタントマンによる模擬事故を見学(体験)することにより、危険行為を未然に防ぎ、交通ルールを遵守することの大切さを体感させる教育方法として広がってきた。自転車乗車のモラルとルールの向上を目指
し、同時にプレ運転者としての研修という目的をもって実施。
今回は柏のさわやかちば県民プラザにて、昨年に引き続き2回目が行われる予定で、広く参加者を募集している。
◆日時:9月30日13時15分~15時45分。定員400人。9月22日までに申し込みのこと。
●申し込み方法(❶~❹のいづれかで)
❶はがき:官製はがき裏面に講座名「総合講座②」、氏名(ふりがな)、電話番号を記入し『〒277‐0882柏市柏の葉4‐3‐1 さわやかちば県民プラザ事業振興課』まで
❷来所:県民プラザ総合受付で所定の申込用紙にて申し込み(9時~20時30分)。
❸WEB:県民プラザHP「講座・イベント情報」→「総合講座②」→「Web申込み」から必要事項を入力。到達番号、問い合わせ番号は必ず控えてください。
❹電話:9時~17時まで。電話 04・7140・8615(同プラザ)
※なお申し込みが定員を超えた場合は抽選。受講不可の方のみ電話連絡。 (Web申込みの方にはちば電子申請システムにて通知。)
※悪天候時などにおける開催の有無については、県民プラザホームページで前日および当日に情報を発信。

 


                                                  

2017年08月30日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 我孫子 東葛ニュース 松戸 流山 野田

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。