働くことで地域を良くしたい!    多様な価値観の融合がもたらす光



働くことで地域を良くしたい!    多様な価値観の融合がもたらす光

KALEIDO LABメンバーの皆さん

KALEIDO LABメンバーの皆さん

流山市近郊に住む翻訳家、デザイナーなど、様々な分野のプロフェッショナル8人で構成されるクリエイター集団KALEIDO LAB(カレイドラボ)。
チラシ・看板・名刺作成、ロゴやWEB制作、お店や企業のトータルブランディング、多言語対応などを請け負っている。
活動拠点は、南流山駅からほど近いシェアサテライトオフィス「Trist」
地域に眠る人材にスポットライトを当て、育てることを目的とした「Trist」から生まれたのがKALEIDO LABだ。
名前の由来は「カレイドスコープ(万華鏡)」メンバーそれぞれのスキルが組み合わさって単独よりもきれいなもの、素敵なものを見せていきたいという思いからつけたという。
メンバーで翻訳家の菊井深雪さんは「地元をターゲットにすることで自然と理解も深まります。実際生活している私たちの目線で、どうやったらより良くなるか、課題点は何かなどを具体的にご提案します」と笑顔を見せた。同メンバーのWEBプランナー、小松紫穂里さんは「お客様の表情を見ながらお仕事ができる強みと、地元ならではのスピード感があります。私たちの力で流山をもっと盛り上げていきたいです」と話してくれた。
メンバーに共通しているのは「自分たちが住む地域を良くしたい」という熱い思いだ。女性だから、ママだから、ではなく1人の職業人として自分の持てる力を地域のために使いたいという。
「商品の売り方、見せ方などお困りのことがあれば、気軽にお声がけください。地元の皆さんと一緒に何ができるか、私たちもワクワクしています」と話してくれたメンバーの皆さん。今後の活躍が楽しみだ。
問い合わせ・メール kaleidolab@nagareyama.trist-japan.com
URL:ホームページhttps://trist-nagareyama.wixsite.com/kaleido-lab
Trist 流山市南流山2丁目20‐1


                                                  

2017年10月25日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 流山

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。