病気になっても 自分らしく生きる。



病気になっても 自分らしく生きる。

乳がんや子宮がんなど、女性特有のがん患者を対象に茶話会やイベントを開催しているウイメンズブレイクタイム。
主宰する村井通子さんは柏市大津ヶ丘で「美容室ありす」を経営している。
10数年前からお客様やその家族にがん患者の方が増えたことからがんや医療ウィッグなどについて勉強を始め、患者さんたちと接する中、一人で悩みを抱えている女性が多いことに気がついた。
「当事者同士が話し合える場所が必要」と感じ、自宅を開放して茶話会を開催するようになり2016年には社会福祉協議会の福祉団体として登録、活動を続けている。
11月19日に開かれたのは「乳がん・婦人科系がんの治療を受けている方の茶話会」。
参加者の中には「今日退院したばかり」と話す人も。「どういう経緯でがんが発覚したのか」、「どのような手術を受けたのか」、通院している病院の先生の対応や抗がん剤の副作用、食生活、家族についての悩みなどそれぞれが抱えていることを時間が許す限り話し合った。
「病院主催の患者会やがんサロンといった場所はありますが参加人数が多すぎる、治療以外では病院に行きたくないという声も聞かれます。ブログやSNSを通しての情報交換も良いですが情報量が多すぎたり、信用性に欠けたりすることから不安に思う方も。やはり実際に会って話し、つながりを感じることが大切だと思います」と話してくれた村井さん。
「女性は病気になっても子どもや家族優先で自分のことが後回しになることが多い。心配をかけたくないと親族にも内緒で治療される方もいるぐらい。女性が笑顔でいれば家族も幸せになれると思うのでぜひ自分ファーストでと呼びかけています」と笑顔を見せた。
ウイメンズブレイクタイムの今後のイベント予定は次の通り。
■2017年12月3日
15時~
「女性がんの治療を受けている方のビューティーレッスン&食のお話し」メイクレッスン希望者のみ参加費1000円、他無料。
■2018年1月21日
15時~
「乳がん・婦人科系がん患者の茶話会」参加費500円
■2018年3月25日
12時~
「若年性乳がんの茶話会」参加費500円
いずれも場所はパレット柏(柏駅南口徒歩約3分)、定員10人、要予約
申し込み・問い合わせ
☎080・3608・1628(村井)


                                                  

2017年11月29日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。