AR機能付きガイドブック発行  東葛六市初



AR機能付きガイドブック発行  東葛六市初

我孫子市ホームページあびこガイドブック「ABI ROAD」 

我孫子市ホームページあびこガイドブック「ABI ROAD」

我孫子市は、観光ガイドブック「ABI ROAD」をAR(拡張現実)機能付きにリニューアルし、12月1日より配布を開始した。AR機能付きガイドブックは東葛六市初。
AR機能は、スマートフォンのカメラを使い、現実に存在する対象物に動画などの情報を重ね合わせて閲覧等ができる技術。「ABI ROAD」では、誌面のQRコードからアプリを取り込み、画像にスマホのカメラをかざすと、最新映像技術「タイムラプス」を使った、暮れゆく手賀沼の美しい夕景など、案内動画を見ることができる。
秘書広報課によると、チバテレ、J:COMの協力のもと、市の広報番組およびCM等で使用された既存の動画を活用することで新規の動画制作ゼロを実現し、ガイドブック制作にかかった費用を約205万円に抑えた。
3年振りの改定に際し、これまで紹介してきた観光施設情報やお土産情報などに加え、農産物直売所や農家レストランを併設し6月にリニューアルオープンした手賀沼親水広場「水の館」の情報を追加。日本語版・英語版・中国語版に加え、訪日外国人客数2位の韓国語版を新たに制作した。発行部数は日本語版5000部、外国語版各2000部。
「ABI ROAD」はJR我孫子駅前にある我孫子インフォメーションセンター「アビシルベ」、東京駅前の観光情報発信拠点「東京シティアイ」、三井アウトレットパーク木更津内の千葉県観光情報館「チーバくんプラザ」などで入手可能な他、天王台のホテルマークワンあびこの全客室に配置されている。また、市のホームページからも閲覧が可能。
市は、2020年に開催の東京オリンピックパラリンピックを見据え、観光客誘致のため情報通信技術を積極的に活用する方針だ。秘書広報課あびこの魅力発信室の山田孝介さんは、「更に多くの方に見て頂き、我孫子への移住にも繋がっていけば」と抱負を語る。

https://www.city.abiko.chiba.jp/event/kanko/kankojoho/abi_road.html
問い合わせ☎04・7185・2493(我孫子市総務部秘書広報課あびこの魅力発信室)


                                                  

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する