高校生が贈るワクワクする舞台  20分シアター



高校生が贈るワクワクする舞台  20分シアター

昨年の20分シアターの様子

昨年の20分シアターの様子

東葛地域、16の高校演劇部が一堂に集まる「ながれやま高校演劇フェスティバル 20分シアター」が、来年2月、流山市文化会館で開催される。
毎年決められたテーマでオリジナルのシナリオを書き、20分間の舞台で演じるもので、今回も、涙あり、笑いあり、胸キュンありの若さあふれ、心温まる舞台となっている。
流山市教育委員会と千葉県高等学校文化連盟演劇専門部会主催で始まった文化芸術活動も今回で9年目。次年は節目となる10回を数える高校演劇20分シアター。
次年のイベントを盛り上げるべく、「前夜祭」と言うテーマで、地元高校生が創作。どう演出され、どんな舞台になるのか、照明も音響も、演者にいたるまで、すべて高校生が手掛け、20分間の限られた時間でワクワクする16通りのショートストーリーが繰り広げられる。入場無料・申し込み不要なのでぜひ一度足を運んでみてはいかがだろう。
参加を予定しているのは、流山おおたかの森高校、流山南高校、東葛飾高校、県立柏高校、柏中央高校、柏の葉高校、流経大柏高校、野田中央高校、白井高校、松戸国際高校、専大松戸高校、専大松戸中学、船橋芝山高校、松戸馬橋高校、日体大柏高校、西武台千葉高校の計16校。
日時:平成30年2月4日(日)10時~17時(9時30分開場)
会場:流山市文化会館ホール・入場無料、申し込み不要
問い合わせ☎04・7158・3462(流山市文化会館)


                                                  

2017年12月20日 高校生が贈るワクワクする舞台  20分シアター はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 流山

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。