干支



干支

KIJ_umenohana旧年中はひとかたならぬご愛読にあずかり、誠にありがとうございました。
本年も一層の内容向上を目指し、「東葛まいにち」スタッフ一同誠心誠意努めてまいりますので本年もご支援のほどお願い申し上げます。
2018年、平成30年度の「干支(えと)」は「戌年(いぬどし)」です。「十二支」では、「戌(いぬ)」となります。
「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」このように一年ごとと十二年間隔で繰り返し、動物であらわされる「十二支」には有名な昔話の由来などはありますが、実は正確には「十二支」の動物たちには特別な意味ありません。
本来「十二支」には動物の意味は無く、中国から伝わった「干支(えと)」の考え方を使った暦などの複雑で難しい数え方を庶民が覚えやすくするために、伝来した当時のわかりやすい身近な動物が当てはめられたことによるものなのです。
「干支(えと)」とは、「え」は兄(え)、「と」は弟(おと)の意味があり、古代中国の考え方である 「十干(じっかん)」と「十二支」の二つを組み合わせた暦法のひとつのことです。
干支(えと)の「干」は「十干」のことで、「十干」は、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類。この10個に、さらに陰陽五行説の「木・火・土・金・水」の五行をあてはめていくと「甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)」となり、最後が「兄(え)」で終わるものが「陽」、末尾が「弟(と)」で終わるものが「陰」と分けられます。
「えと」の呼び名は、読んだとおりここに由来するのです。
さらにそこへ、十干の5巡目ごとに十二支を順番に割り振り組み合わせることで、甲子(きのえね)にはじまって、癸亥(みずのとい)で終わるという全部で60種類の組み合わせができます。
その数え方で、年・月・日・時刻・方位などを表しているのです。
昔は十干で日を、十二支で月を表しており、十干は3回で一カ月、十二支は十二月になるので1年になり、十干十二支がすべて巡ると「還暦」となります。
複雑な十干を省略して、十二支だけで表した年が、私たちが良く知る現在の「干支」の考え方ということになるのです。
2018年度は、正確に言うと干支は「戊戌(つちのえいぬ)」となります。
「戌」の本来の読みは「じゅつ」。
「戌」という漢字は「一印」と「戈(ほこ)」という漢字から成り立ち、元は作物を刃物で刈り取りひとまとめに締めくくることを表しました。
また、「戌」は「滅びる」を意味する「滅」で、草木が枯れる状態を表しているという読み方もありますが、悪い意味では無く本来は、「植物が育っていき、花が咲き、実をつけ食べごろが過ぎた後、自分の実を落として、本体の木だけは守る」という意味になります。
人には、十二支に基づいた守り本尊があり戌年生まれの守り本尊は「阿弥陀如来(あみだにょらい)」です。
阿弥陀如来は一切の衆生を救うために四十八の誓いを立てた仏で、深い慈悲で極楽浄土に導いてくれるとされています。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたしております。


                                                  

2018年01月31日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。