空きアパートを改修した科学館 「Exedra」オープン!



空きアパートを改修した科学館 「Exedra」オープン!

左から館長の羽村さん、KSEL学生代表の宮本さん、KSEL社会人メンバー の松田さん。気になることがあったら何でも聞いてみよう。

左から館長の羽村さん、KSEL学生代表の宮本さん、KSEL社会人メンバー
の松田さん。気になることがあったら何でも聞いてみよう。

1月14日に柏駅西口に開館した「手づくり科学館Exedra(エクセドラ)」。その名の通り、空きアパートをボランティアのスタッフらがDIYで改修し、1年半がかりで作り上げた。
運営するのは東大柏キャンパスの大学院生を中心としたメンバーで構成される「柏の葉サイエンスエデュケーションラボ(KSEL)」。
暖かみのある木材を使いゆったりと居心地の良い館内では、海にまつわる展示(生痕化石や標本、シーグラス、KSEL主催の自然体験型イベント「理科の修学旅行」に参加した子どもたちの自由研究など)や書籍が見られる。
KSEL学生代表、東京大学大学院博士課程1年の宮本千尋さんは「他の科学館とは違い、スタッフとの距離が近いことを感じてもらえたら」と話す。コミュニケーションを取りながら展示を楽しんでもらう為にあえて展示物には説明書きを加えていないそう。
「科学をもっと身近に感じて欲しい」という館長の羽村太雅さんは「専門家だけでなく、周りのみんなと作り上げてきた科学館なので、ぜひここへ来て仲間になってください」と笑顔を見せた。
展示物は定期的に変わる予定。隠し扉など細かいこだわりもちりばめられた遊び心いっぱいの科学館。ぜひ一度訪れてみては?

map
■手づくり
科学館 Exedra(柏市末広町9‐6 柏嶋屋荘)
問い合わせ☎080・6520・3302(羽村)info@exedra.org
開館日時:毎週土・日曜10時~17時
入館料:初回600円(未就学児無料)
月間パスポート800円
年間パスポート5000円


                                                  

2018年01月31日 空きアパートを改修した科学館 「Exedra」オープン! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。