示された進化とその先ー小池龍太



示された進化とその先ー小池龍太

web

土埃を上げるかのように駆け上がり、ゴール前へクロスを放つSBの時代も今や昔。現代的SBの進化は目覚ましい。DFの1人としての守備力は当たり前。中盤ではMFのようにボールを動かし、相手陣内ではアタッカーとしての資質が求められて久しい。だが、私たちは既にそのようなSBを目撃している。それは小池龍太のプレーそのものだからだ。

 ボールを大切に回しながら、前線の「個」を活かす柏レイソルの戦術において小池が担う役割はとても重要であり、その淀みない上下動は印象的だ。マイボールになればサイドに広がってDFラインと繋がり「攻撃の入口」を模索。MFからボールを引き出し、同サイドの伊東純也の位置を見極めながら進路を切り開く。伊東が中央にいれば外へ、外にいれば中央へ迷いなく駆け込む。中央が詰まればボールを動かし問題を解決する。大外でボールを要求するケースは極めて稀なほどだ。

「今季、自分の頭の中はすごく整理された状態でプレーできています。相手が守備に来てもゆっくりと動くように見える感覚もあるくらいで。それはプレーに臨む準備が整っているからだと感じています」

 3月18日のガンバ大阪戦での江坂の先制ゴールでは小池の新たな進化を示すプレーが見られた。小池が相手の股を抜く縦パス。そのパスを伊東が江坂へワンタッチ。「3人目の動き」でフリーになった江坂がゴールを決めたが、限定的な状況から賢くボールを運び、意思のある縦パスを通し状況を一変させた。味方と相手の位置を見極めた優れた状況判断とアイデアから生まれた最適な選択だった。

「まだズレる場合もありますが良いパスを出せたと思う。自分の能力と味方のアイデアを持ち寄ってもっと精度を上げたい。SBは大事なポジションですから、状況に応じてあのパスのような『違い』が求められる。スキルを上げるには試合で実践しなければ力にならないのでまた追求していきたい」

 レイソルの右SBに小池がいる風景が当然にも思える昨今ではあるが、尽きる事のない飽くなき欲求が小池をさらに突き動かす。

「昨年も今年も主力として戦えて、本当に多くを学ばせてもらっていますが、レギュラーとして自分を確立しなくてはいけない時期だと思う。そういう『自覚』を持ち、『結果』を掴んで、レイソルに恩返しがしたいんですよ。そのためにも『次のレベルへ進まないと』という気持ちが強くあります」

 そして、その「恩返し」、「次のレベル」とは?小池は胸の中に大切にしまっておいた真の思いを丁寧に紐解くように語り出した。

「今、色々なところで『日本には右SBがいない』と言われていますよね。その声を結果で搔き消したいです。Jリーグで戦う自分が酒井宏樹選手のような右SBになって。そして、日本代表でプレーしたい」

 小池が見出した「次のレベル」を私たちが目撃する日は意外と早いかもしれない。もちろん大歓迎だ。

 

 


                                                  

2018年04月25日 示された進化とその先ー小池龍太 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: がんばれ!柏レイソル その他の地域 東葛ニュース 柏レイソル

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。