街角に交流のカフェ・サロンオープン 「散歩びより」



街角に交流のカフェ・サロンオープン 「散歩びより」

web

カフェの入り口(左下)と、交流サロンのカフェスペース

5月7日、松戸市北小金駅徒歩3分の場所に交流サロン〝黄色いハンカチ〟&街角ほっとタイムカフェ『散歩びより』がオープンした。

この交流サロンは、東日本大震災復興支援「松戸・東北交流プロジェクト」が運営。常設のサロンとして2013年1月から松戸伊勢丹前のビル2階で、東葛地域に避難された人への支援のための交流の場とされてきた。そのサロンが本年3月末で終了。再スタートとして北小金へ移転、新規オープン。

新しい交流サロンの建物は、2階建て6室ある建物の1階2部屋を利用。1室をカフェスペースなどに利用。防災カフェとして防災グッズを展示する棚と、避難者やボランティア手作りの品が並ぶ棚ショップも設けられている。もう1室は講座やイベントの利用。囲碁や手芸などの講座、避難者交流会や相談日などを設けている。講座は参加費500円(サロン利用料込みで飲物・菓子付き。講座により別途材料費あり)。なお講座・イベント参加は申し込み制なので『松戸東北交流サロン』ホームページで確認の上お電話で申し込みを。

今後、サロンを永続する為には費用がかかるため、カフェの利用料200円の一部を運営費に充てる。是非多くの方に利用して頂き、地域との交流・避難された方がほっと出来る空間の継続に協力・支援を自然な形でサポートしてもらいたい。

■カフェ〝散歩びより〟
松戸市東平賀7‐2
営業時間:10時~16時・月~木曜(講座・イベントがなくてもオープン)
利用料:1回200円(コーヒーお茶などの飲み物と、お菓子付き)
問☎047・710・5519(同プロジェクト)


                                                  

2018年05月30日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 松戸

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。