ミミコの読書でリフレッシュ② カラスのジョーシキってなんだ?



ミミコの読書でリフレッシュ② カラスのジョーシキってなんだ?

919S3Zy0GlL

 今回は、柴田佳秀さんの最新刊「カラスのジョーシキってなんだ?」を紹介します。
柴田さんは柏市在住の科学ジャーナリスト。手賀沼バードウオッチングや、近隣の幼稚園で自然観察会なども主催している自然の伝道師。子どもたちにも大人気です。

さて、錦糸町駅のハシボソガラスのニュースをご覧になりましたか?人間のICカードを奪ったり、足をつついたりする姿が放映され、眉をひそめた方もいるかもしれません。他にも「ゴミを食べ散らかす」「まっくろでなんだか不吉」など、どちらかというと嫌われ者のイメージが強いカラスですが、そもそも私たちはカラスの生態についてどこまで知っているのでしょう。  
この本では、ハシブトガラスのカーキチとその仲間たちが、目からうろこのカラスの常識について楽しく教えてくれます。
  
カラスの寿命や、ハシブトガラスとハシボソガラスの見分け方。
「カラスは追い払った人を覚えている」「カラスは光り物が大好き」「カラスは狂暴」って噂は本当?など、児童向けにわかりやすく書いてありますが、大人が読んでも「へぇ!知らなかった!」と思わず感嘆してしまうような内容です。

柴田さんは「カラスに限らず、生き物の観察をするコツは相手の気持ちになること」だと言います。噂や先入観だけで判断せず、相手のことをよく知ることが大事。
読み終わった頃にはカラスのこともちょっぴり好きになっているかもしれません。


                                                  

2018年05月30日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 《新連載》ミミコの読書でリフレッシュ その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。