しあわせレシピ⑭ ゴーヤの丸ごとフリット



しあわせレシピ⑭ ゴーヤの丸ごとフリット

web

★ゴーヤの丸ごとフリット★

【材料】 ゴーヤ1本 てんぷら粉 冷水 サラダ油適宜 塩少々

【作り方】
①ゴーヤは5~7㎜の輪切りにする。
②サラダ油を170℃に熱する。
③1のゴーヤを水で溶いたてんぷら粉にサッとつけて油で揚げる。
④油をきって皿に盛り、塩を振って食べる。
*流山の農家さんに教えてもらったレシピ。ゴーヤの苦みもなくビールのおつまみにも!

【栄養価が高いゴーヤ】
ビタミンCはレモンの4倍、カルシウムは牛乳の14倍、鉄分はほうれん草の2.3倍、食物繊維はセロリの30倍。
カリウムはブルーベリーの4倍、マグネシウムは玉ねぎの1.5倍です。
栄養価も高く、夏バテに美肌に食欲増進と様々な効果が期待できるゴーヤ。苦味が苦手な人も食べ方を工夫してぜひ食べたい野菜です。

【ゴーヤの苦みは?】
ゴーヤには独特の苦みがありますが、ゴーヤの苦味成分は、「モモルデシン」「チャランチン」「コロコリン酸」と呼ばれる3つの成分で、腸内環境を整えるほか、肝機能を高め血糖値の降下、コレステロール値や血圧の低下、胃を活性化して消化を助けるなどの効果があります。

【捨てないで!ゴーヤの種と綿】
捨ててしまいがちな綿と種ですが、綿は果肉より3倍も多くビタミンCが含まれています。種には脂肪の吸収や蓄積を抑制する共役リノレン酸が多く含まれています。果実や種に含まれているたんぱく質がガン細胞の増殖を抑える、ということも報告されています。

【ゴーヤのβカロテン】
ゴーヤに含まれるβカロテンは体内でビタミンAに変換されます。ビタミンAは油と一緒に取ると、吸収されやすくなるので、ゴーヤを油で炒めることで吸収率がアップ!


                                                  

2018年06月27日 しあわせレシピ⑭ ゴーヤの丸ごとフリット はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 《新連載》しあわせレシピ その他の地域 レシピ 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。