茅葺屋根のキリスト教会



茅葺屋根のキリスト教会

茅葺屋根と緑色の門が目印

茅葺屋根と緑色の門が目印

web2web3

 柏市の東方、印西市に近い手賀沼のほとりに現存している茅葺屋根の教会堂「旧手賀教会堂」
正式名称は「日本ハリストス教会手賀教会」といい、明治14年、ギリシャ正教会によって開設された。

 キリスト教の布教が正式に認められたのは、明治6年のこと。それに伴ってギリシャ正教(この宗派は、東ヨーロッパ、とくに帝政ロシアの国教として発展したので、ロシア正教とも呼ばれる)を、日本で広めたのはニコライ大主教だ。その本山は、東京・お茶の水に今も立つ「ニコライ堂」だが、この「日本ハリストス教会手賀教会」は、それよりも古い建物となっている。
一般的に保守的なイメージの強い農村地帯に、なぜそのような時代の先端をゆく教会が建てられたのだろう。

 当時、キリスト教に入信したのは武士や商人といういわゆるインテリ層が多かった。その中には農業と併せて紺屋を営むものもおり、利根川の水運を通して最先端の情報を入手できる条件であったことが、理由の一つと考えられている。

 この教会堂は現在、崇拝場所としての実質的な教会ではなく、千葉県の県指定有形文化財(建造物)に指定されている。だが、その信仰の命脈は今日も保たれている。かつて信仰をおいた信者の子孫である8世帯の方々が、今も信仰を守り続けているからだ。

 表向きの外観だけを見ると、とてもキリスト教会とは思えないが、建物内部に入ると、イエスや聖母マリア、そして「機密の晩餐」(一般では「最後の晩餐」に相当)などの聖画(レプリカ)が礼拝堂に掲げられており、敬虔な雰囲気を醸し出している。

 日本が文明開化を迎えた明治の初期とは、こうした農村地帯にも、やがてその光が差し込もうとしていたよすがが偲ばれて、とても興味深いものとなっている。明治維新より150年を迎えた今年、当時の黎明期を訪ねてみてはどうだろう。

住所 柏市手賀666-2
見学時間 毎週土曜日 日曜日 祝日 9時~15時

入館料 無料
駐車場 なし
アクセス 柏駅下車 東口1番バス停より乗車・
東武バス「布瀬」行き、
「手賀」下車 徒歩5分

問☎04・7191・7414(柏市教育委員会文化課文化財担当)


                                                  

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する