流山で創業された「ファンケル」無料で工場見学、地元に貢献



流山で創業された「ファンケル」無料で工場見学、地元に貢献

中身を詰める前の容器、このあと、医薬品も作れるレベルのクリーンブースで中身を充填する

中身を詰める前の容器、このあと、医薬品も作れるレベルのクリーンブースで中身を充填する

 東武アーバンパークライン『運河駅』から利根運河沿いを徒歩約20分、県道5号手前、流山工業団地内に『株式会社ファンケル美健』千葉工場がある。多くの人が無添加化粧品・サプリメントでファンケルの名前はご存じだろう。

 流山市にある千葉工場は市内の小学校を中心として郊外学習などの場を提供、地域に貢献している。もちろん一般にも門戸を開いており、平日のみだが、無料で見学ができる。見学者にはファンケルの商品などのお土産付き。

 見学棟(5号館)は、1階が玄関ホールになっており、千葉工場概要・あゆみなどのパネルと、見学者の要望が多かったために昨年から設置された特別販売コーナーがあり、工場で製造している商品が購入可能となっている。
6階では、ファンケルと千葉工場について映像を交えて紹介。その6階からは、眼下に広がる田園風景が見え、天気が良ければスカイツリーも望むことが出来る。無添加化粧品を製造する工場内、6階から3階までの各階の説明や、クイズを交えて製造工程を順番に見学する。

 現在、流山の工場で働く従業員は化粧品部門が約200人、サプリメント部門が約30人。勤続が長い方が多く、働く側にも配慮された会社であることが分かる。

 ファンケルは、1980年に、創業者の池森賢二氏(現・ファンケル名誉会長)が化粧品を個人で販売、化粧品の通信販売を開始したことに始まり、 ’81年には、株式会社ファンケルを設立。’84年に、流山市十太夫にて株式会社ファンケル美健を設立することとなる。その流山市十太夫(じゅうだゆう)の工場建物は今も同じ場所に現存している。

 身近にあるファンケルの歴史を含め、経営理念など、工場見学を通して、楽しみながら学んでみてはいかがだろう。

■株式会社ファンケル美健千葉工場
※見学は平日9時30分~11時・13時30分~14時30分の間の60分~90分。事前にホームページより予約して下さい。
問い合わせ☎04・7155・0011


                                                  

2018年07月25日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 流山

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。