けやき県民講座 「誤嚥性肺炎防止で寿命を10年伸ばす」



けやき県民講座 「誤嚥性肺炎防止で寿命を10年伸ばす」

web
 あなたはこれまでに家族から、呑み込みの悪い人ね、との批判を受けたことはなかったでしょうか。人間、年を取ると多少はそうなるもの、仕方ありません。でも命に関わることではありませんから笑ってごまかしましょう。

 ところが、ごまかしのきかない呑み込みの悪さもあります。それは誤嚥性(ごえんせい)肺炎と呼ばれる突発的な肺の疾患です。発症すると、それまでには何事もなかった健康な人でさえ、ふいに命を奪われるという怖いものです。

 誤嚥性肺炎とは、呼吸器の病気です。人が食事などで物を飲み込む時、本来は口から食道を通って胃に入らなければならないものが、喉の老化による嚥下機能の衰えによって、誤って気道に入り、その細菌によって肺に炎症が起きるというもの。
最近では寝たきりの高齢者などが、不自然な姿勢で食事をすることによって誤嚥を起こし、肺炎となって突然に命を奪われるなどのケースが目立ち始めています。

 予防するには、どんな注意が必要でしょうか。それには食べ物の選択や食べ方、また喉まわりの訓練や、口腔内の衛生条件などが見逃せません。
 面白いことに何気なく楽しんでいるカラオケなどは、喉の訓練効果が期待でき、特に音域の広い「津軽海峡冬景色」などに、高い効果がみられるそうです。

 今回の講座では、誤嚥性肺炎に関しての知識、予防策などを、講師の体験談も交え、楽しく聞くことが出来ます。
ぜひ、ご参加ください。

日時:9月19日 (水) 10時~12時

場所:けやきプラザ7階・研修室

講師:辻純一郎氏(元昭和大学医学部客員教授)

参加費:無料
定員:先着60人

申込み:04・7165・2886
FAX:04・7165・2882(ふれあいプラザ)


                                                  

2018年08月29日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 イベント 我孫子 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。