運河を彩るランタンの灯り 利根運河シアターナイト



運河を彩るランタンの灯り 利根運河シアターナイト

昨年開催の様子=利根運河交流館提供

昨年開催の様子=利根運河交流館提供

web2
 2012年から東京理科大学野田キャンパスの建築学科の学生を中心とした実行委員会が、利根運河を舞台に光と水を使い、地域と学生との交流を目指すイベント『利根運河シアターナイト』を企画。今年は9月22日に開催される。
様々な光のインスタレーションで運河を一夜限りのシアター(劇場)に見立て、光を使った空間を演出する。
今年のテーマは「LIGHT THE TOWN‐照らせ運河の絆、繋げ未来へ-」。

 会場では、光のインスタレーションの他に、地域のカフェや飲食店などのブースと、今回初となる「自分たちで作る大型スクリーン」での自主映画・実況の上映、ステージなどが催される。
 同日14時からは大学内で、参加型ワークショップ「運河の夜空をオリジナルランタンで照らそう!」を開催。ワークショップではペットボトルを使い、自分だけのランタンを制作し、会場となる利根運河に飾る(※参加は申し込みが必要)。
歴史ある利根運河が幻想的に彩られるこのイベント。ぜひ足を運んでみてはいかがだろう。

■利根運河シアターナイト2018 LIGHT THE TOWN
日時:9月22日㈯ 17時~21時(少雨決行・雨天の場合翌日23日、23日が雨天の場合中止)
会場:運河水辺公園(東武アーバンパークライン運河駅徒歩3分)
入場無料

■ランタン作り ワークショップ
日時:9月22日㈯14時~16時(9月1日~受付先着200人)。
対象:小学生~大人(小学生以下は保護者同伴可)
会場:東京理科大学野田キャンパス2号館製図室
参加費:1人300円
問・申し込み☎04・7153・8555(水~日曜の9時~17時)利根運河交流館まで。
メールの場合は、toneunga@bz03.plala.or.jp
※利根運河シアターナイトFACEBOOKにも情報を載せています。

運河のヒガンバナ

 東武アーバンパークライン野田線運河駅徒歩3分。流山市と野田市の境、利根運河水辺公園の土手沿いに市民ボランティアによって植えられた彼岸花が今年も開花。
 例年だと8月上旬から咲き始める彼岸花。今年は猛暑が続いたため開花が少し遅いものの、8月半ばには、咲いているのが確認されている。
開花情報は利根運河交流館ホームページにて確認することが出来る。ぜひ訪れてほしい。


                                                  

2018年08月29日 運河を彩るランタンの灯り 利根運河シアターナイト はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース 流山 野田

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。