新鮮採れたて野菜の収穫祭~かしわで~



新鮮採れたて野菜の収穫祭~かしわで~

柏市にある農産物直売所「かしわで」では、収穫祭を11月10日と11日に実施。当日は地元の農家とスタッフで野菜たっぷりの収穫鍋などを販売する他、吹奏楽コンサートなども開催される。

収穫祭は15年前のオープン時より開催している恒例行事で、この時を楽しみにしているファンも多い。昨年は一日に約7000人が来場した。
看板メニューの収穫鍋(200円)は、200杯分が作れる直径約1メートルの大なべに地元柏産の里芋、大根、人参などの根菜類を入れ、みそ味で仕上げた身体が温まる一杯。
また、大人気のネギ焼き(100円)は、新鮮な泥つきネギ1本分をそのままの状態で丸焼きにし、食べる直前に切るため、ネギの水分を逃がさずに柔らかく焼きあがる。毎年、甘くてトロトロのネギの美味しさに驚く人が多い。
また、つきたてを提供する杵つき餅(2個入り200円)は、あんこ、きな粉、辛味(大根おろし)の3種類から選べる。
店長の海老原康夫さんは、「実際のところ、出れば出るほど赤字なのですが、お客様にぜひ感謝を伝えたいと夏の『夕涼み』と秋の『収穫祭』を年間イベントの柱として実施しています」と語る。今年の夕涼みは台風の影響のため中止になってしまっただけに、収穫祭にかける思いは一層強い。
「今年は農家さんにとっても、かしわでにとっても厳しい年と言ってもいいかもしれません。梅雨の時期が殆どなく、夏の酷暑、そして台風による被害と続きました。柏エリアの農家を見ても、ネギやホウレン草、白菜などの不作や、農業用ハウスの損壊など、大きな打撃を受けています。さらに台風による塩害の影響が内陸のこの辺りでも出ました。でも、これらの被害を吹き飛ばすべく農家の皆さんをはじめとしてスタッフも頑張っています。本格的な恵みの秋の到来を皆さんとお祝いしたく、ぜひ足をお運びいただければ嬉しいです」と、海老原さん。
10日には麗澤中学・高校吹奏楽部による演奏が行われる他、11日に柏市民吹奏楽団の演奏、毎年人気のたまごのつかみ取り(大人男性300円、大人女性200円、子ども100円)などのイベントも行われる。両日は大堀川沿いに車約200台分の臨時駐車場が用意される。

日時:11月10日(土)、11日(日) 9:30~14:30
問い合わせ:04-7141-6755
農産物直売所かしわで 柏市高田100
営業時間(冬季)9:00~17:00


                                                  

2018年11月01日 新鮮採れたて野菜の収穫祭~かしわで~ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。