白山中学校優勝 ~第72回東葛中学駅伝~



白山中学校優勝 ~第72回東葛中学駅伝~

優勝 我孫子市立白山中学校

準優勝 我孫子市立我孫子中学校

 

3位
松戸市立第一中学校

第72回東葛飾地方中学校駅伝競走大会(毎日新聞など主催。東葛飾地方各毎日新聞販売所、東葛毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社、ジェイコム東葛葛飾など後援)は10月20日、松戸市民劇場前をスタートして野田市総合公園陸上競技場ゴールの10区間31・9㌔コースで行なわれ、我孫子・白山中が1時間41分21秒のタイムで3年連続12回目の優勝を成し遂げた。準優勝は1時間41分36秒で我孫子中、松戸一中が3位の成績になった。

3区で首位奪う

白山中の1区は、昨年2区を走ったエース山本樹選手(3年)。1位の柏逆井中・栗田隆希選手と8秒差の2位で2区の大弓陽可選手(1年)にたすきを繋いだ。
2区での順位は、柏逆井、我孫子、柏二、柏大津ヶ丘、我孫子白山。3区では、白山・大森由翔選手(3年)が前の選手4人を抜きトップとなった。4区では1位の我孫子白山に続き、我孫子、柏二、柏逆井、松戸一と続く。トップ白山・齋藤英介選手(3年)は、この時点で2位との差を45秒とした。

5区では、我孫子湖北が3位、我孫子久寺家が5位に入り、我孫子勢がトップ争いに加わる。
1区で4位を走った我孫子中は、2区以降トップとの差を1分以内に保ち、2位をキープ。安定した走りを見せる。
松戸一中は3区で4位に浮上し4区で5位、5区で4位、6・7区で3位と順位を上げ、8区で4位になるも9区で3位になり、そのままゴールとなった。
当日は最高気温21℃、風も頬に感じる程度でほぼなく、晴れ間もあり、走るには少し暑く感じられる陽気。沿道からは多くの方々が声援を送り、思い出に残る素晴らしい大会となった。


                                                  

2018年11月01日 白山中学校優勝 ~第72回東葛中学駅伝~ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 我孫子 東葛ニュース 松戸 流山 野田

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。