街を愛する心を育てる 「かしはな」の取り組み



街を愛する心を育てる 「かしはな」の取り組み

自分が選んだ桔梗やトウガラシなど、色とりどりの花を植替え

花の世話を通して住民たちに地域への愛着を持ってもらおうと活動しているボランティア団体「かしはな」。

2009年から柏の葉キャンパス駅周辺で活動を続けてきたが、昨年の猛暑によって駅前フラワータワーの植栽が全滅。会員の高齢化等による人手不足や活動資金不足も重なり、存続の危機を迎えてしまった。

そんな時、駅前のマンション住民から支援の申し出があり、夏場の平日の水やりも可能になった。今年8月には「柏市市民公益活動団体かしはな」として登録、新体制がスタートした。

「まだまだ人手が足りていない状況ですが、新生『かしはな』として、今まで以上に柏の葉のコミュニティ活動に力を入れていきたい」と話す、代表の綱野敬司さん。

植栽管理の他、親子で参加できる「植替え体験会」の企画や、柏の葉キャンパス駅前の花壇「みんなの庭」の整備など、環境美化運動から住民主体のまちづくりを目指している。

「小さい時から自分たちの街の花壇に親しみを感じてもらえば、自然と街への愛着も持ってもらえます。住民参加型の活動を行っていくので世代を問わずに参加してもらいたい」と期待を寄せる。

 9月8日に行われた親子向け植替え体験会に参加した今井彩花さん(5歳)と母親の真理子さん。「前回参加した時に自分が植えたお花を覚えていて、花壇の前を通る度に『私が植えたお花!』と言っています。家ではなかなか体験させられないので、こういった機会があって嬉しい」と真理子さん。

彩花さんは花を植えながらダンゴムシを見つけたり、楽しそうに作業していた。

 

 

◆「かしはな」お手伝いボランティア募集中‼
活動日:毎週土曜日9時~9時30分
活動場所:TX柏の葉キャンパス駅周辺
参加資格:柏の葉キャンパス駅周辺にお住まいの方。

かしはなお問い合わせフォーム

 


                                                  

2019年09月25日 街を愛する心を育てる 「かしはな」の取り組み はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。