マニュアル化できない手づくりの味「おふくろ弁当」



マニュアル化できない手づくりの味「おふくろ弁当」

人気NO.1の「からあげ弁当」600円(税込)

フタを開けるとニンニク醤油のいい香り。お箸でそれを掴むとカラッと揚がった衣の感触。

一口頬張るとサクッとした歯ごたえ。後にじんわりと肉の味が口の中に広がる。
この「からあげ弁当」は、「おふくろ弁当」の人気NO.1メニュー。〝日本一のからあげ〟と言っても過言ではない。からあげ単品のテイクアウトは5個で400円。

誰もがとりこになるその味の秘密は、塩、胡椒した国産鶏にショウガ、ニンニクをよく擦り込み、醤油、酒、砂糖を加え一晩寝かせる。注文が入って揚げる直前に、片栗粉を良く揉み込んで180℃の油に投入。

 

左から長女 典子さん、母 礼美子さん、次女 恭子さん

「特に変わった事をやっているわけじゃなくて、自分が食べてきたお母さんの味です」と増尾店長の鈴木恭子さん。

来年、開店30周年を迎える「おふくろ弁当」は、増尾本店長・鈴木恭子さんと新柏店長・渡嘉敷典子さんのお母さん大柴礼美子さんが「家庭料理のような手づくりのお弁当を提供したい」という願いから始めた。現在のメニューは55種類にも。

地域密着のお弁当屋さんとしてファンを増やし、今ではその確かな味が口コミで都内にも広がり、味にうるさいTV局の制作者や俳優のロケ弁としても注文が殺到している。新柏店はテーブル席が8卓あり、作りたてのお料理にサービスのお味噌汁が付くのが嬉しい。

売り上げが上がっても30年間、2店舗のみでの営業。決してマニュアル化できない手作りの味にこだわっている。少人数で仕込みに時間をかけているので、来店の際は営業時間のご確認を。
(文=高井さつき/写真=高井信成)

 

 

■おふくろ弁当
◉〈増尾本店〉
柏市増尾台4‐12‐8 ☎04・7176・0100
営業/月~日曜:9時~13時、17時~20時/ただし水、木曜の13時~は休み※Pなし(短時間ならお店前で可)

◉〈新柏店〉
柏市名戸ヶ谷1044‐7 ☎04・7139・6477
営業/月~木曜:10時30分~14時/金、土、日曜:10時30分~14時、17時~20時。
※P8台。

※配達は両店舗とも1500円以上から


                                                  

2019年10月30日 マニュアル化できない手づくりの味「おふくろ弁当」 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。