感染症の予防と 「自分・家族が罹ってしまったら」



感染症の予防と 「自分・家族が罹ってしまったら」

●新型コロナウイルス感染症の予防

風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に一人ひとりの咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。風邪症状があれば、外出を控え、やむを得ず外出される場合にはマスクを着用して下さい。

●咳エチケットとは
咳やくしゃみの飛沫により感染する感染症を他人に感染させないために、個人が咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえることです。
特に電車や職場、学校など人が集まるところで実践することが重要です。

●手洗い
ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時など、こまめに手を洗いましょう。

●感染の疑いがある時の受診行動について
人に感染させないため、病院の機能を保つため、いきなり受診せず、まず学校や会社を休み、外出を控え、毎日検温の記録を取ること。

◆帰国者・接触者相談センター窓口への相談目安
『風邪の症状や、37・5℃以上の発熱が4日以上続く人、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある人』
『基礎疾患がある人、高齢者の人で、症状が2日以上続く人』
※4月29日現在の情報の為、更新されている場合があります。

<相談窓口>

□千葉県電話相談窓口(千葉県庁)☎0570・200・613(24時間受付)

□松戸市

□柏市

□野田市

□流山市

□我孫子市

 

 

 


                                                  

2020年04月29日 感染症の予防と 「自分・家族が罹ってしまったら」 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他の地域 東葛ニュース

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。