レシピの記事一覧

しあわせレシピ

4番 料理研究家大瀬由生子●大瀬由生子 先生 プロフィール
行政・企業・カルチャーセンターなどの料理講師のほか、レストラン・企業の商品開発・イベントなどでも活躍。
また、親子クッキング、小学校での講演など、食育活動にも積極的に取り組む。柏市子ども元気プロフェクトより「柏市学校給食クックパッド」を提案し連載中。

→この記事の続きを読む

しあわせレシピ⑮ 簡単にできる小豆を使った夏のデザート★水ようかん★

web

簡単にできる小豆を使った夏のデザート
【水ようかん】
材料
粉寒天2g 水300㏄ 砂糖30g
こしあん(市販)300g *粒あんにしてもよい

→この記事の続きを読む

しあわせレシピ⑭ ゴーヤの丸ごとフリット

web

★ゴーヤの丸ごとフリット★

【材料】 ゴーヤ1本 てんぷら粉 冷水 サラダ油適宜 塩少々

【作り方】
①ゴーヤは5~7㎜の輪切りにする。
②サラダ油を170℃に熱する。
③1のゴーヤを水で溶いたてんぷら粉にサッとつけて油で揚げる。
④油をきって皿に盛り、塩を振って食べる。
*流山の農家さんに教えてもらったレシピ。ゴーヤの苦みもなくビールのおつまみにも!

→この記事の続きを読む

しあわせレシピ⑬ 美味しい枝豆のゆで方

枝豆
東葛地区は野田はじめ、枝豆の産地として人気急上昇。
枝豆は、大豆になる前の未成熟の豆で、緑黄色野菜です。大豆には含まれていないビタミンCやβカロテンも含まれています。

→この記事の続きを読む

しあわせレシピ⑫ トマトの炊き込みご飯

DSC_0098トマトの炊き込みご飯

●材料(2人分)
米3合
トマト3個
コンソメ8㌘
塩小1/2
バター10㌘
茄子1本
フライドオニオン適宜
粗びき胡椒少々

→この記事の続きを読む

しあわせレシピ⑪ 醤油の役立ちレシピ ぶりの照り焼き

しょうゆ

web_reユネスコの無形文化遺産に登録された「和食」に欠かせない醤油。
大豆や麦、塩に糀を加えて発酵・熟成させた醤油は、ビタミンB群、ミネラル、アミノ酸類が多く含まれ、美味しいだけでなく、その成分に含まれるいろいろな機能が研究されています。

→この記事の続きを読む

しあわせレシピ⑩ 砂糖不使用!りんごのコンポ―ト

webみりん

みりんは、蒸したもち米、米糀、焼酎もしくは醸造アルコールが原料の発酵食品。米糀の酵素の働きにより、もち米のでんぷんやタンパク質が分解されてブドウ糖やアミノ酸などが作られます。またビタミンB1、B2、B6などのビタミンB群も豊富。

→この記事の続きを読む

しあわせレシピ⑨ 基本のみそ玉レシピ

味 噌

web 味噌は、温暖多湿という日本の国土条件の中で生まれた、日本の伝統発酵調味料で、日本の食生活の主要なたんぱく質源。昔から「味噌は医者いらず」といわれるほど、日本の健康と深くかかわってきました。
何気なく食べている味噌汁ですが、実は味噌にはミラクルパワーがあるのです。

→この記事の続きを読む

しあわせレシピ⑧ 茹でたほうれん草(一把)を和えるだけのレシピ

resipi柏の三大野菜、かぶ・ねぎに続き、今回は、ほうれん草がテーマ。
出荷量全国で6位!ちなみに千葉県はほうれん草出荷量が1位です。地産地消!この地域ならではの美味しいほうれん草をたっぷり食べましょう。

→この記事の続きを読む

しあわせレシピ⑦ 長ねぎの豚肉巻

web千葉県はネギの出荷量が日本一。
とくに東葛地区は旬のおいしいねぎが食べられる地域ですそこで今月は、ねぎについての栄養と簡単レシピをご紹介します。

→この記事の続きを読む