しあわせレシピ④ 蒸茄子の中華ソース



しあわせレシピ④ 蒸茄子の中華ソース

web
●材料
・ナス 1本(120グラム)
・白髪ネギ 1/2本分(47グラム)

・中華ソース 醤油大さじ1、砂糖小さじ2、ごま油小さじ1
生姜1/2片(5グラム)、赤唐辛子1/2個(種を取って輪切り)

●作り方
①ナス1個を、へたを落して縦半分に切り、さらに縦4等 分の細切りにして水にさらす。ナスの水気をきり、サラ ダ油を含ませたペーパータオルで全体に薄く油を塗る。
②耐熱容器ににナスを入れラップをする。
③電子レンジ600ワットで3分加熱する。 そのまま5分置いて蒸らす。
④中華ソースの材料をボウルに入れ、 よく混ぜ合わせる。
⑤皿にナスを盛りつけその上に、好 みの量のソースをかけ、白髪ねぎ を飾る。

~夏野菜を美味しく食べよう~
《茄子 ナス》
焼く、煮る、揚げる、蒸す、漬けるなど、どんな調理でも美味しく食べられる茄子。しかし、茄子はキュウリ同様ほとんどが水分で栄養価の低い食べ物といわれてきましたが、含入量が少ないものの、ビタミンB群、ビタミンC、カリウム、鉄、カルシウム、食物繊維など幅広い栄養素が含まれています。
比較的カリウムの含有量が多く、利尿作用があるので体の熱を水分と一緒に放出させる働きがあると考えられ、むくみや便秘の予防や改善にも役立ってくれます。
水分の多い茄子は、昔から体を冷やす作用があるといわれており、夏夏バテや火照りの解消にも役立ちます。「秋ナスは嫁に食わすな」という言い伝えがありますが、茄子を食べると体が冷えるのを心配してという説から。体を温める食材(生姜・ネギ・唐辛子)などと組み合わせたり、油で炒めるなどして食べると体の冷えを防止できます。
アントシアニン系のポリフェノールのナスニンやクロロゲン酸による抗酸化作用があります。血液をサラサラに保ち、がん予防に対しても期待されています。ナスニンなどのポリフェノールは皮の部分に含まれているので、皮ごと食べるようにしましょう。漬物などにする場合は鉄くぎや焼きミョウバンなどを入れるとナスニンの減少を防ぐことができます。


                                                  

2017年08月30日 しあわせレシピ④ 蒸茄子の中華ソース はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 《新連載》しあわせレシピ レシピ

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。