しあわせレシピ⑤ 玄米の炊き方



しあわせレシピ⑤ 玄米の炊き方

mono《玄米》

新米の季節になりましたね。そこで今月は玄米についてお伝えします。

玄米とは収穫した米からもみ殻だけを除いたお米。白米は精米することによってその豊富な栄養素をそぎ落とし美味しさを追求したものだと言えます。
玄米と白米の違いを一言でいうと栄養素の豊富さ!玄米と白米の栄養価の違いは…カロリーは白米356㌍に対し、玄米350㌍とそれほど変わりませんが、ビタミンB1は白米の5倍、鉄分は白米の2倍、食物繊維は白米の6倍という大きな違いがあります。(文部科学省の科学技術・学術審議会資源調査分科会が発表した「日本食品標準成分表2010」より)

玄米には、代謝に欠かせないビタミンB群が豊富に含まれていて、食物繊維も豊富なので、腸内環境を整え便通をよくしてくれます。また体内の余分なコレステロールや糖分、発ガン物質などの有害物質を排出してくれます。

食事を摂るときには、カロリーよりも食事の質。栄養価のあるものを効率よく食べるということがポイント。同じごはんを食べるなら玄米ごはんを食べるほうが効率的といえます。ただし、玄米は白米よりも消化に時間がかかりますので、よく噛んで食べて!

●材料
・玄米3合 ・小豆20グラム ・塩ひとつまみ(玄米1合につき小豆7グラム、自然塩1グラムが目安)
*小豆は玄米の3倍のタンパク質を含むので栄養価が上がる塩を入れると、玄米に含まれるカリウムが中和されて苦みがなく美味しく炊きあがる。
*純米酒を入れても旨味と甘みがでる(1合につき1ml)
最初の水を最も吸収するので一回目の水はすぐに捨ててきれいな水に変える。泡立て器で3~4回洗う。
●炊き方
圧力鍋で炊く場合1時間浸水し、ざるに上げて水けを切る。鍋に移して水を玄米の1.3~1.4倍を目安に炊く。
*メーカーによって違うので使用書を確認してください。
*炊飯器で炊く場合は6時間以上浸水させ、水は炊飯器の内がまの量を加え、玄米モードで炊く。


                                                  

2017年09月28日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 《新連載》しあわせレシピ レシピ

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。