しあわせレシピ㉑ 酒粕の甘酒



しあわせレシピ㉑ 酒粕の甘酒

☆酒粕甘酒☆

●材料 
湯…2カップ 酒粕…60㌘ 
砂糖…大2 すりおろし生姜…少々

●作り方 
①鍋に生姜以外をいれて酒粕を溶かしながら温める。
②出来上がったらすりおろし生姜の汁をいれる。

☆大人の酒粕甘酒☆

●材料 
酒粕…50㌘ 牛乳…1カップ 
白ワイン…1カップ 砂糖…大2

●作り方

①材料すべてをミキサーにかけ、冷やしていただく。

*酒粕は酒の数だけ種類があり味が違うので、 甘味や濃度などは、お好みで調整してください。

酒粕は日本酒を作る工程で生じる酒の搾り粕。しかし「カス」というにはもったいないほど栄養価に富み、その栄養価は清酒より高いのです。

 酒粕は苦手という方もいらっしゃるかもしれませんが、使い方によっては料理にコクを出し、漬け込むことで保存性が高まり、さらには熱を加えるとチーズのような味になるなどとても美味しく頂けます。

 また、保湿効果・美白効果が高いので酒粕パックとして美容にも利用できます。

酒粕の主な成分:タンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB5、食物繊維 

※タンパク質は100㌘中15㌘(牛肉80㌘相当)

※レジスタントブロテイン(胃酸でも分解されることなく小腸に達し、食物繊維のようなタンパク質。その働きは、コレステロールを低下させる作用の他、脂質代謝改善作用や肥満抑制作用、また整腸作用や腸内フローラ改善作用などが認められています。)


                                                  

2019年01月31日 しあわせレシピ㉑ 酒粕の甘酒 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: しあわせレシピ レシピ

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。