しあわせレシピ㉕ モロヘイヤの冷製スープ



しあわせレシピ㉕ モロヘイヤの冷製スープ

☆モロヘイヤの冷製スープ☆

材料
モロヘイヤ…1束 じゃがいも…1個
玉ねぎ…1/2個 ニンニク…1片
水…300㏄ コンソメ…1個 牛乳…100㏄

作り方
①じゃがいもは皮をむき薄切りにする。にんにくは皮をむき、半分に切る。じゃがいもと玉ねぎを耐熱容器に入れてラップして、電子レンジで柔らかくなるまで加熱し、温かいうちにつぶす。
②モロヘイヤは茎の硬いところを取り除く。鍋に水を入れ沸騰したら、モロヘイヤとコンソメを入れて茹でる(1分ぐらい)。
③. ①と②と牛乳を入れ、ミキサーなどでかくはんし、塩・胡椒で味をととのえる。
④. ③を容器に入れて冷蔵庫で冷やす。

エジプトでは5000年以上前から栽培されていたといわれるモロヘイヤは、砂漠地でも生育する生命力の強い野菜。 古代エジプトの王様が難病を抱え、どんな薬を飲んでも治らなかった病が、モロヘイヤのスープを飲んで治ったことから「王様の野菜」とも呼ばれています。和名は縞綱麻(シマツナソ)。

●ネバネバ成分は『ムチン』。たんぱく質と多糖類が結合した粘性物質です。茹でて刻むと、このネバネバがより出てきます。粘膜を潤したり、胃腸などを整える作用があるとされています。
●栄養価の高さを誇るモロヘイヤは、カロテンの含有量が野菜の中でもトップクラス。老化の原因となる活性酸素を抑える作用があります。
●ストレスを軽減する働きがあるカルシウムを含みます。平均の野菜の4倍。
●水溶性食物繊維(マンナン)を含み、体へ摂り入れた糖の吸収を穏やかにしてくれるため、食後の血糖値の急上昇を防いでくれる作用もあります。
●カリウムを多く含み、むくみ対策に有効。
●高抗酸化ビタミンの代表であるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEがすべて揃っており、その含有量は野菜の中でトップクラス。


                                                  

タグ

2019年05月29日 しあわせレシピ㉕ モロヘイヤの冷製スープ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: しあわせレシピ レシピ

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。