しあわせレシピ㉛ カブの葉の炒め煮



しあわせレシピ㉛ カブの葉の炒め煮

カブの葉の部分は緑黄色野菜。抗発ガン作用や免疫活性化作用のあるβ-カロテンを含んだ食材です。

カブの葉は古くなるとすぐに色が変わってしまいますが、産地が近い東葛地区では、鮮度が良い緑色のカブの葉を手に入れることができます!
β-カロテンは、体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。
また、根より葉は10倍以上のカルシウムを含んでいます。
葉は捨ててしまう人も多いようですが、栄養価が高いので捨てずにおいしく食べましょう!


☆カブの葉の炒め煮☆

材料

カブの葉…カブ5~6個分
油揚げ…1枚
唐辛子…1本
めんつゆ…大さじ1~2 (めんつゆの濃度にもよるので要調整)
みりん…大さじ1
水…50㏄

作り方

①カブの葉を洗い水気を取って5㌢ぐらいに切る。唐辛子は種を取り小口切りにする。油揚げは7㍉幅ぐらいに切る。
②フライパンにサラダ油を少々入れ、①で切った野菜と油揚げを炒める。
③しんなりしてきたら、めんつゆとみりん、水を入れて煮る。仕上げに一味唐辛子をかけてもよい。

大瀬先生の書籍「食べる米ぬか健康法」絶賛発売中です!

 


                                                  

2019年11月27日 しあわせレシピ㉛ カブの葉の炒め煮 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: しあわせレシピ レシピ

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。