還暦を迎えた教え子のクラス会



還暦を迎えた教え子のクラス会

 50年以上前の小学生の頃の思い出は…

還暦を迎えた教え子達のクラス会に招かれる。50年ぶりの子が多い。司会が「宴たけなわですがひとり一人に近況を交えた自己紹介と小学生の頃の思い出を語って頂きます。」
◆…何も覚えていないが、毎日、学校へ行くのが楽しかったな~。会社勤めは「務め」だから「努め」が必要だ~(笑)
◆…悪さをして…休み時間に朝礼台の上に立たされたのは忘れられない。(おれも!おれも!)あれは堪えた。低学年の子が集まってきて『どうしたの?何しているの!遊ぼうよ』て言うんで困ったよ(大笑)
◆…社会科で、海洋運河を勉強した時、スエズ運河はスコップで掘れたが、パナマ運河は、地質が硬くてスコップでは掘り進めない、そこで、船を山に登らせる方法をとった。僕らは『うそ~。そんなこと無理!無理!』と言うと、『じゃあ、パナマ運河の地図で調べてみよう』といって「閘門式運河」を習った(おぉ!そうだった)
◆…「先生!1時間中一言もしゃべらないで授業やったことあるでしょ。私達のやったことで気に入らなくて怒っていたのよ。よくしゃべる男子も何も言わない。私ドキドキしながら先生の顔を伺い、黒板に書くことをノートしていたわ(あったね、へんに怖かった)
◆…春休みも夏休みも、先生の家に遊びに行った。(行った!行った!)お風呂に水を貯めて、潜ったり水かけっこしたり、楽しかったわ。…今朝、クラス会で先生に会うって母に言ったら『貴女は、先生の家に遊びに行った時、2百円だったかお借りたはずよ、まだお返ししてないわよ』と言っていました。ごめんなさい(笑)
◆…教え子達は、50年の彼方に消え去ったかに思っていたあれこれを次々に呼び戻す。赤くなり青くなりして見つめ聞き入ると、60歳の顔が徐々に10歳の頃に変わっていく。僕もまた、30代前半の勢いだけの教師に戻る。その後、教育観を大きく変革した現在の僕は、指導の至らなさを詫びる。彼等は「謝ることはない。イジメも不登校もない楽しい子ども時代だった。それは現在の生き方を支えている」と僕を慰める。ほろ酔い機嫌。ふと「教師は魂の技師」の言葉を思い出し、まだまだ語り尽くせない想いを抑え、握手を交わして辞した。

 

 


                                                  

2014年06月25日 還暦を迎えた教え子のクラス会 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 子どもの広場 連載記事

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。