廻向(回向)・供養



廻向(回向)・供養

廻向(回向)する。亡き方に対しては、自分の善い行いの功徳を回し向ける、手向けることを、廻向(回向)すると言います。廻向とも回向とも書きます。

供養する。品物や金銭などの形のある物から、身体や言葉による無形のものまで、様々な形で、見返りを求めないで提供すること。奉仕することです。

亡き方に対して私たちは法事を行い、追善廻向とか追善供養とか言って行うのがそうです。見返りや代償を考えて行うものではありません。「法事をやれば良いことがある」とか「法事をやらないと何かあるのではないか」と時折耳にいたします。あくまでも心が大切で、法事をしてあげよう、廻向してあげよう、供養してあげようという気持ちが大切なのです。喜んで頂ければ、安心して頂ければと・・・。


                                                  

2014年10月29日 廻向(回向)・供養 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 三宝通信 連載記事

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。