まっすぐ前を見て



まっすぐ前を見て

『まっすぐ前を見て』と子どもの頃よく言われたものです。うしろ(過去)に囚われること無く、脇見(比較)することなく。まっすぐ前を(集中力)見て、確実に一歩づつ。

優越感を持ちたければ下を見て、劣等感を持ちたければ上を見て。だが、最後(期)は自分との戦いです。

『先の事を考えると寝られません』と仰る方がいます。「考える」と「心配する」を取り違えているよです。考えることは良いですが、心配するは良くない事です。感情(欲)が入る正しい判断ができなくなります。また先の心配ばかりしてると今が疎かになり、手抜きして生きる事になります。折角生まれて来たのですから、くよくよせずに、どんな辛い事でも時(時間)が来れば(全て)終わるのです。


                                                  

2015年01月28日 まっすぐ前を見て はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 三宝通信 連載記事

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。