No178 連鎖



No178 連鎖

思春期、心のエネルギーが消耗することにより不登校、無気力、抑うつ状態などの症状を呈する状態を思春期病と呼び、心をふくらませる算段として、親が子どもの価値観を尊重することをお勧めしています。

具体的には、親が子どもに対し、〝信じる、黙る、聴く、すべて任せる(SDKS)〟ことなのですが、理屈は理解できてもうまく実行できない親が少なくありません。

私達の行動様式は、基本的に他者の行動の模倣によって作られるものなので、体験のない行動を示されてもなかなか実行しにくいのです。

また、思春期病の重要な要素である子育てという行動様式は、実母の子育てを模倣して作られたものなので、子育て姿勢に変化を求めるSDKSには、母親と実母の母子関係が大きく影響してきます。

これまでの母子関係についての問診で分かったことは、予想以上の母親が、実母に対して何らかのわだかまりをもっていることでした。

いわく、
「私は母親に愛された記憶がありません」
「私は母親の自慢のタネで、アクセサリーのような存在でした」
「私は、いつも母親に否定されていました、これまで何かに自信をもてたことがありません」
「大学で故郷を出てから一度も帰ったことがありません」
「私にとって母親は憎しみの対象でしかありません」
と述懐する母親達の目には涙がありました。

このような実母の子育てであっても、他の子育てを知らない母親にとっては唯一の実体験であり、自らの子育ての要素の中に取り込まれてしまいます。

否定したいはずの子育てが、自分の子育ての中に連鎖するように潜んでいる。それに気付いた母親は混乱しますが、取り除くすべを知りません。

こうした母親にとって、SDKSはその連鎖を断ち切る一つの方法といえます。
子育てという行動様式を変えるには、目的に反する言動考に気付くたびに、不要の烙印を押し続けていることが大切です。近道ではありませんが、不断の注意を続けることで習性ともいえる行動様式は変わってゆきます。

親子で受け継がれる子育ての連鎖も、意識さえすれば断ち切れるのです。

次回は「伝える」。

「東葛まいにち」2012年10月10日号掲載


                                                  

タグ

2012年10月10日 No178 連鎖 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 思春期ブルー

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。