新布陣と共に好発進



新布陣と共に好発進

クレオ2月17日に開催されたジェフユナイテッド市原・千葉との「第19回千葉ダービーマッチ・ちばぎんカップ」。23日に、12年Jリーグチャンピオン、サンフレッチェ広島と対戦した「FUJI XEROX SUPER CUP 2013」でも悔しい敗北を喫した柏レイソル。

だが、続く27日。2年目の挑戦となるAFCチャンピオンズリーグ(中国・貴陽)では、FW・クレオのゴールを守り切り、1―0で貴州人和に勝利。そして迎えた3月3日、2013Jリーグ開幕戦でも、川崎フロンターレに3―1で快勝した。

クレオ選手は「チームの勝利がうれしい。自分はFW、どこにボールが来ようと決めるだけだよ」と話すだけあって圧巻の2ゴールを決めた。「得意なコース。自信を持って枠へ飛ばすことができた」と語る、FW・工藤壮人選手の3点目が試合を決定づけ、歓喜の渦に包まれた日立台で好発進を飾った。

ネルシーニョ監督は今季から、国内とアジアでの戦いを睨み、これまでの4バックだけでなく、攻撃の際は、右SBのキム・チャンスを活かしながら、3―6―1の並びに変えた3バックの新布陣に着手した。

今後は、新布陣の中で躍動する、FW・クレオ選手、DF・キム・チャンス選手、DF・鈴木大輔選手ら新戦力の融合と、レイソルのスタンダードの根幹を成す堅い守備からの鋭い攻撃を、どのように落とし込んでいくのかが、今季のハードスケジュールの戦いの中での鍵を握ることになるだろう。

レイソルの「ニュースタンダード」の確立に注目したい。

(文・写真=神宮克典)
柏レイソル公式HP http://www.reysol.co.jp/



 


                                                  

2013年03月13日 新布陣と共に好発進 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: がんばれ!柏レイソル

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。