「GK王国」へ挑む伊藤俊祐



「GK王国」へ挑む伊藤俊祐

5-1今季もJリーグとAFCチャンピオンズリーグを戦う柏レイソルに新たな戦士が加わった。

4月5日、柏レイソルU―18所属のGK伊藤俊祐選手を「第2種契約」(アマチュア)として登録。
柏レイソルU―18の公式戦と並行して、トップチーム公式戦での出場が可能となり、酒井宏樹(現・ハノーファー)や、現在トップチームで活躍する茨田陽生を始め、山中亮輔、秋野央樹、木村裕、小林祐介らが通った道を、少し早めのスピードで歩むこととなった。

その知らせを遠征先のダラス(米国)で聞いたという伊藤は、「桐畑(和繁)さんの負傷もあっての登録ですが、『決まったよ』と聞いた時は本当にうれしかった。今まで体験したことがない練習ができています」と話し、登録が発表された5日から、トップチームの練習に加わっている。

愛称は、「イトゥー」。持ち味は、「1対1でのシュートストップ」。そして、「強運」。高校2年生の昨夏より、クラブユース選手権優勝、天皇杯2回戦進出などに代表されるU―18チームの大舞台を最後尾から支え続けたのは伊藤だった。

伊藤の師である松本拓也GKコーチは言う。「運も大切ですが、自分が持っている本当の才能に気がついていないのはイトゥー本人だけ」。厳しい言葉の中に宿る期待は大きい。

菅野孝憲、稲田康志、桐畑和繁、中村航輔という先輩達が形成する「GK王国」という最高の環境の中で、伊藤の「本当の才能」が目覚めるのか、真価を問うスタートラインに立った。

(文・写真=神宮克典)
柏レイソル公式HP
http://www.reysol.co.jp/



 


                                                  

2013年04月24日 「GK王国」へ挑む伊藤俊祐 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: がんばれ!柏レイソル

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。