同体温、同方向。柏レイソルの結束力



同体温、同方向。柏レイソルの結束力

10月22日、北嶋秀朗とワグネル、2人のベテラン選手の競演から生まれた3ゴールで、サンフレッチェ広島に勝利した柏レイソルは、ホーム山形戦で首位奪還後、再びJ1優勝戦線の先頭を行く。

貴重な2ゴールを決め、試合後、少年のような笑顔でサポーターの元へ駆け寄り、喜びを共にした北嶋は、「前節(山形戦)は先発で、今日はサブ。悔しかったですが、それをネガティブな感情とするのではなく、ポジティブな力に変えることができている。だから、このゴールは嬉しい」と話す。

完璧な左足から、広島戦の全ゴールを演出する活躍を見せたワグネルも、「勝利や優勝のために、自分の特徴と違ったプレーをするのは、プロとして当たり前。各々が、与えられた役割に対して、できる限りのことをして、チームに尽くすことが重要」と、事も無げに話すなど、現在のチームに漂う強固なメンタリティが伝わってくる。

「スタメンは監督が決めること。任された選手たちは精一杯やるだけです。そうすれば、自然と試合にも勝てると信じてプレーしています」と語る増嶋竜也は最終ラインで存在感を示し続け、高い技術と経験値で、チームの切り札的な存在にある水野晃樹も「途中出場が多いですが、毎試合、どうにかして、チームのためになりたいと思っている」とチームへの忠誠心を口にする。

今、柏レイソルというチームを包む特別なムードについて、北嶋に問うと、迷いなく語った。「11年前に優勝争いをしたチームとの違いは、結束力。今のチームの結束力は、先発の11人、控え選手、メンバー外の選手、スタッフの誰もが同じ体温で戦える結束力。本当にみんなが勝利に執着して、同じ方向を向いているからね」。

柏レイソルの進む道を示す羅針盤があるとすれば、方角はただ1つ、「優勝」だ。頂はすぐそこにある。

(文・写真=神宮克典)
柏レイソル公式HP
http://www.reysol.co.jp
「東葛まいにち」2011年11月9日号掲載 


                                                  

2011年11月08日 同体温、同方向。柏レイソルの結束力 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: がんばれ!柏レイソル

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。