柏レイソルU-18トリオも国立競技場へ



柏レイソルU-18トリオも国立競技場へ

3月3日、柏レイソルが初載冠を果たしたFUJI XEROX SUPER CUP 2012。トップチームの大一番に先立つ形で開催された「NEXT GENERATION MATCH U-18Jリーグ選抜×日本高校サッカー選抜」は、U-18世代に活躍の場を提供して、将来的に日本サッカー界の活性化に貢献しようという意図のもとに開催されたもので、今年で3回目となる。

Jリーグクラブの下部組織から選抜されたU-18Jリーグ選抜メンバーに、柏レイソルの次代を担う、柏レイソルU-18から、中村航輔(GK)、秋野央樹(DF)、中川寛斗(MF)の3選手が選出された。

3選手揃い踏みで先発出場を果たしただけでなく、U-18Jリーグ選抜の勝利(3-0)に貢献。ゴールを守ったGK中村は、鋭い反応で高校サッカー選抜の攻撃を完封。右MFとして出場した中川は、小気味良いプレーでU-18Jリーグ選抜の攻撃を彩り、違いを見せつけた。

左SBとして出場した秋野は、自身の国立競技場デビューについて、「本当に凄い雰囲気で圧倒されました。レイソルサポーターの皆さんが、『秋野!』と自分の名前を呼んでくれた時は、嬉しかったです。鳥肌が立ってしまいました」と、喜びとサポーターへの感謝を表し、「自分がこの先プロのサッカー選手になって、このスタジアムで戦えるかどうかというのは、これからの自分の行動がすべてだと思う。今日の試合だけに満足せずに努力していきたい」と、さらなる飛躍を誓った。

3選手ともに、翌日(4日)に日立台サブグラウンドで行われたジェフ千葉U-18との千葉県クラブユース新人戦にフル出場。試合は、3-1で、柏レイソルU-18が勝利した。17日に開催予定の第16回千葉県ユースサッカー選手権大会(秋津)では、全国高校選手権優勝の市立船橋高校と対戦。この勝者に、天皇杯千葉県代表決定戦への出場権が与えられる。

(文・写真=神宮克典)


柏レイソルアニュアル2011-2012 好評発売中!


                                                  

タグ

2012年03月08日 柏レイソルU-18トリオも国立競技場へ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: レイソルアカデミー

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。